Loading...

食事は1日1食でいいやって結論に落ち着いた3つの理由

Th 4030671536 de07ae55b8 b

 
以前に「食事は1日1食と1日3食のどちらがいいのか?」って悩みを書きましたが、その後、いろいろと試してたら1日1食でいいやって結論に落ち着いてしまいました。その理由を3つほど申しあげますと、 


 
1・パレオダイエットをしていると自然と1日1食に落ち着く
いま、パレオダイエットを元にしたリブートダイエットを実践中ですが、 これを続けると、自然と空腹感が消えていきまして、気が付くと1日1食で満足できるようになってるんですよね。原始時代の食生活に近づけていくほど、食の回数が減っていくってのは面白い現象だと思います。もちろん、わたしだけの現象なのかもしれないので、これはどなたかにも試して欲しいところ。
 
 
 
2・原始人が朝食を食べていたとは思えない
これは、シャングリラ・ダイエットの考案者であるセス・ロバーツ教授がブログに書いてたことでして、要は「冷蔵庫がない時代に朝飯を食べれたはずがないじゃない」という話。考古学的な証拠があるわけじゃありませんが、非常にごもっともな説でして、そもそも人間の遺伝子は朝飯に向いてないんじゃないかなーと思うようになりました。あくまで仮説ですが。
 
 
 
3・重要なのは回数じゃなくて食事のタイミングじゃね?
食事は1日1食と1日3食のどちらがいいのか?」でも書きましたが、1日3食のメリットを支持する論拠として大きいのは、
 
  • 食事の回数が少ないと栄養バランスが崩れやすい
  • 規則正しい食事には体内時計を調節する作用がある
 
の2点。なんですけども、栄養バランスはパレオダイエットを実践すれば問題ないですし、規則正しい時間に1日1食ずつ食べていけば、十分に体内時計の調節効果は得られるんですよね。ようは回数じゃなくて規則性の問題じゃないのか、と。
 
 
また慶応大学の伊藤裕教授によれば、朝も夕食に1日1食を実践するほうがいいらしい。
 
からだが効率よく消化・吸収を行えるのは、副交感神経が優位になってリラックスしているときなんです。それで、我々が最もリラックスできる時間帯というのは、日が暮れて以降なんですわ。(中略)だから現代人でもそれはありやと思うんです。一日一回の食事を、自分が一番リラックスできる夕食に食べるということは。
 
参照:「からだに、ありがとう 1億人のための健康学講座」(http://amzn.to/2tzKt0q
 
逆に、交感神経が高まる朝方は、実はさほど食事には向いてない時間みたい。もちろん、だからといって寝る直前に食べるのは消化・吸収が遅れて逆効果なんで、就寝の2〜3時間前までに夕食を終わらせるのはマストであります。
 
 
 
まとめ
そんなわけで、現時点での結論としては、
 
  • 1日1食を、カロリーは気にせず21時までの決まった時間に食べる
 
というところに落ち着きました。いまのところ、これで体は快調であります。
 
 
 
credit: 27147 via FindCC

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。