Loading...

自然のなかで過ごすと性格が良い人になれるらしいよ

Nature

 

ちょっと前に「自然は人間を病気に強くする!」といった話を書きましたが、今度は「自然のなかで過ごすと良い人になれる!」って論文(1)が出ておりました。

 

 

これはカーディフ大学の研究で、イギリス政府による国民健康調査のデータを使ったもの。普段から自然に接している回数と、地域社会のの安定性や犯罪の発生率をくらべてみたんですね。その結果は、

 

  • コミュニティの安定に必要な要素のうち、自然との接触回数は8%の割合を占める
  • 地域の犯罪発生率を左右する要素のうち、自然との接触回数は4%の割合を占める

 

といった感じ。つまり、自然と多くふれあう人が住む地域ほど仲がよく、犯罪も起きにくい傾向があるんだ、と。



8%というと数字が小さいようにも感じちゃいますが、研究者いわく、

 

収入や性別、年齢、教育レベルといった他の要素を合わせても3%にしかならない。8%は驚くべき数字だ。

 

とのこと。もちろん収入や教育も大事ではあるものの、自然とのふれあいの重要性は、それらの要素を上回っちゃうらしい。たしかにビックリですな。

 

今回の研究により、自然とのふれあいが社会とのつながりを強化し、個人の幸福感を高めてくれることがわかった。自然によって幸福度がアップする理由は様々だが、コミュニティの絆を深める効果も大きそうだ。(中略)

 

「自然」は私たちに助け合いの精神をもたらし、犯罪の発生を減らしてくれる。この現象は、住民の収入レベルが低い地域でも起きる。

 

自宅から緑の木々をながめたり自然のなかを歩いたりすることで、より周囲の人たちが身近になり、コミュニティの結束も深まるのだ。

 

 とのこと。あー、トレイルランニングに行きたくなってきた。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。