Loading...

あらゆるトレーニングの成果を2倍にアップさせる超シンプルな秘訣、それは「リコンソリデーション」

Piano 103

 

新しいスキルを学ぶには反復練習が必須。ただし近ごろ出た論文(1)によれば、まったく同じ練習をくり返すよりも、ちょっとずつ変化を加えていくほうがいいらしい。

 

 

たとえばテニスだったらラケットの重さを少し変えたり、ピアノならテンポを少し遅くしてみたり、英会話なら同じフレーズの単語だけを入れ替えてみたりとか。それだけで、スキルが身につく速度がハッキリと変わってくるんだそうな。

 

 

これはジョン・ホプキンス大の実験で、86名の男女を対象にしたもの。まずは参加者を以下の3グループにわけたんですね。

 

  1. まったく同じ練習を2回くり返す
  2. 微妙に内容を変えた練習を2回くり返す
  3. 練習を1回しかしない

 

そのうえで、全員にテレビゲームのような作業をトレーニングしてもらったらしい。

 



その結果は、内容を変えた練習をしたグループの圧勝。同じ練習をくり返したグループより、2倍もスピードと正確性が上がったというから凄いもんです。ちなみに練習を1回だけしたグループは、同じ練習をしたグループより25%ほど成績が悪かったとのこと。

 

 

研究者によれば、少しだけ内容を変えた練習をすると、新たな状況のせいで脳が活性化するんだそうな。つまり、

 

  1. ちょっとだけ内容を変えてくり返す
  2. 脳が頑張って対応しようとする
  3. 脳の機能が上がる
  4. 上達スピードアップ!

 

みたいな仕組みになってるらしい。軽いストレスを与えることで、逆に脳がいつもより頑張るわけですね。

 

 

ただしここで大事なのは、あくまで「ほんのちょっとだけの変化」に留めること。あまりに変化がデカすぎると、脳が完全にあきらめちゃって頑張らなくなるんだそうな。

 

 

そんなわけで、わたしも今後は単純な反復練習ではなく、多少のアレンジを加えたトレーニングを心がけるようにします。この原則は、「インターリービング練習」と並んで覚えておくとよさそうっすね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。