Loading...

ケトジェニックダイエットをしても脂肪が燃えやすい体にはならないよ!との実験結果が

Noun 452707

  

ケトジェニック VS. 高炭水化物 痩せるのはどっち? 

当ブログでは、よく糖質制限ダイエットに不利なデータを紹介しております。確かにそれなりのダイエット効果はあるものの、根本的な理屈(インスリンのせいで人間は太るのだ!ってやつ)がおかしいので、結局は疑似科学としか言えないんじゃなかろうか、と。

 

 

といったところで、今回も糖質制限ダイエットに不利なデータ(1)のご紹介です。これはコロンビア大学の実験で、結論から言っちゃうと「ケトジェニックダイエットをしても脂肪は燃えやすくならないよ!」というもの。

 

 

ご存じのとおり、ケトジェニックダイエットは極端な糖質制限のこと。徹底的に糖質を減らすことでケトン体が作られ、体脂肪がガンガン燃える体になるのだ!って理屈のダイエット法であります。

 

 

さて、実験に参加したのは17名の肥満男性。全員に実験室に泊まりこんでもらい、まずは4週間の平均的な食事をしてもらったんですね。具体的には、

 

  • 糖質 50%
  • タンパク質 15%
  • 脂肪 35%
  • 総カロリーは維持カロリーのマイナス300Kcal

 

みたいな感じ。参加者は2日1回のペースで代謝測定室に入ってもらい、どれだけ脂肪が燃えてるかを計測したらしい。

 

 

で、その後、再び全員に実験室に泊まりこみでケトジェニックダイエットを実践してもらったんですね。具体的には、

 

  • 糖質 5%
  • タンパク質 15%
  • 脂肪 80%
  • 総カロリーは維持カロリーのマイナス300Kcal

 

って感じ。総カロリーは同じにそろえた状態で、高炭水化物とケトジェニックのどっちが痩せやすいかを調べたわけですね。

 



質が高い実験でケトジェニックダイエットの効果が否定された

この実験が素晴らしいのは、他の研究にくらべて管理が徹底してるとこ。

 

  • 全員を8週間も実験室に泊まらせて、徹底的に食事量をコントロール
  • ちゃんと代謝室を使って消費カロリーをチェック

 

といったレベルまでやってくれた実験って本当に少ないんですよ。これまでの糖質制限ダイエットの実験って、たんに参加者に「昨日はどれだけ食べました?」とか尋ねただけのケースも多くて、かなり信頼性に欠けてたんですな。

 

 

で、結果のグラフは以下のようになりました。まずは代謝の変化から。

EE

ご覧のとおり、ケトジェニックダイエットに切り替えて数日は代謝が上がったものの(1日100Kcal分ぐらい)、10日めから下がり始めて、28日後には統計的には差がないレベルまで戻っております。

 

 

どうやら極端な食事法に切り替えると、体に負担がかかって代謝がアップするものの、すぐに元の状態に戻っていくみたい。しかも1日100Kcalぐらいの上昇がおよそ7日間続くぐらいなんで、そのメリットは少なそうであります。

 

 

続いて、実際に体脂肪がどれだけ減ったかを見てみましょう。

Flh

体重(グラフの黒丸)はケトジェニックダイエットの期間に大幅に減ってますが、これは体内の水分量が減ったから。体脂肪(四角のグラフ)を見てみると、明らかに高炭水化物食のほうが速く脂肪が減ってるんですよね。

 

 

具体的には、高炭水化物食を15日間続けた時点と、ケトジェニックダイエットを28日間続けた時点の体脂肪の減り方が同じぐらい。もちろん、ケトジェニックダイエットの期間中は、すべての参加者のインスリン量は激減してたそうな。

 

 

研究者いわく、

 

今回の実験データは、低炭水化物によるケトジェニックダイエットで代謝が上がり、体脂肪が減りやすくなるという「炭水化物-インスリンモデル」を否定している。

 

とのこと。もともとインスリンと肥満は関係ない!ってデータも多いですし、個人的にもこの結論には非常に納得であります。

 

 

そんなわけで、ケトジェニックダイエットの効果は、またも質の高い実験で否定されちゃった形であります。そもそも糖質のカットしすぎは体に悪いですし、特に実践するメリットはないかもしれませんねー。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. 糖質制限がここまで流行してる(と思ってる)ので、びっくりです。でもちょうど偶然 EXILE のメンバーさん達が去年おにぎりばかり食べるおにぎりダイエットで痩せたという記事を読んだばかりなので、納得の実験結果でもあります。

    返信削除
    返信
    1. エグザイルさんは運動量がハンパじゃないんで、おにぎりダイエットは効くでしょうねぇ。一般人の運動量だとあんま意味はないかなーと思いますが(笑)いずれにせよ、糖質制限も良し悪しですねー。

      削除
  2. ただ単に糖質を脂肪に切り替えてしまっているのでダイエットどうのこうのという数値として参考になるかどうかが疑問。
    そもそも糖質制限でダイエットをするのであれば、タンパク質の摂取量が増えるのであって人によっては筋トレも取り入れ筋肉量にも変化があらわれるはず。

    今回の実験のデータは管理内容としては素晴らしいのかもしれないが、このデータだけでケトジェニックダイエットの効果はありません。とはならないような気がしました。

    ま、自分は糖質制限ダイエットには否定的ですけどね。

    返信削除
    返信
    1. まぁタンパク質摂取量を変えちゃったら、たんにハイプロテインダイエットの検証になっちゃうんで意味が無いような。とりあえず、ケトン体で脂肪が燃える!というケトジェニックダイエットの理屈の反証にはなってると思われますよ。

      削除
  3. 今日は。

    個人的にはもともとやせているので減量法としてのケトン食には関心がないですが、糖質制限食やケトン食でやせるのは知らないうちに摂取エネルギー量が減るからでしょうね。摂取エネルギーが変わらない食欲旺盛な人はやせない。これは事実です。

    糖質制限食やケトン食に賛成なのは、インスリンレベルが下がることにより癌や認知症などの予防や治療の効果が期待できること。この効果を大きくするにはタンパク質の摂取も制限するほうが良いです。その方が血糖値のレベルが下がりケトン値が上がりやすくなり、βケトン体(βヒドロキシ酪酸)自身の病気の治療や予防の効果が大きくなります。(私の実験でも、ある程度の運動と半日の軽い絶食で血糖値が60台になる空腹時には3~5mmol/Lまでケトン値が上がります。ケトン値を測るチップが高価なので時々しか測りませんが。) 

    返信削除
    返信
    1. 知らないうちに摂取エネルギーが減るから痩せるのは、まさにおっしゃるとおりだと思いますー。

      ケトジェニックの治療効果については矛盾したデータがいろいろあって悩ましいですね。

      削除
  4. そもそもケトジェニックもアトキンスとかも減量というより、
    一旦ケトン体代謝をベースにする代謝を取り戻すことで
    本来の進化過程に順応させることを主としていているから、
    導入期過ぎたら基本的に糖質摂取量は基本増加を推奨されてる。

    一極限的に取るなってのは流行りの完全渡辺式mecだとか
    ケトプロ食とか言われてる用法でしょう。

    ケトン体質をベースにしてからと、
    俄に糖質を制限してのケトン代謝ってのは、
    リーンゲインズのマニュアルにもあるように全然違うものだし、
    減量のペースというより、健康と人体の進化による細胞レベルでの炎症等の
    背反するかのようなバランスを見極める手段を説いている気がしないでもない。

    きちんと導入すると飢えにたいする感覚が様変わりするから、
    そういう面での心身ともに同じペースで痩せるとあっても、
    ホルモンバランスを崩しにくいとか、
    心身ともに健やかに実践できるのが最大のメリットなんでしょう。

    もう一度言うけど、ケトプロとか糖質を完全悪にするのとは違う、
    一般的なケトジェニックならね。

    返信削除
    返信
    1. というか、個人的には「ケトン体質」の存在も怪しいもんだと思っております。いったんケトジェニックにしても、糖質を再導入したら代謝はすぐ元に戻るってデータが多いもんですから。

      確かにケトジェニックで空腹感は減るようですが、あくまで短期的な現象のようですしねぇ。

      削除
  5. 匿名様。御説すばらしい。ケトン体質になったというのを ケトン値を毎日もっと数時間おきに頻繁に測って、実証していただけませんか。ある人(スーパー糖質制限を2年ガンガン、その後ケトンダイエットも2ヶ月継続後)の実験では、ココナッツオイルをとった直後は、血中ケトン値が急上昇したが、その後、血中ケトン値は、超しょぼい値に。何度やっても同じ結果。体質が変わるというのは嘘だとして、やめてしまいましたよ。 ケトン食でケトン値が上がるのと、断食で、本当の飢餓状態になって、ケトン値が上がるのとは別です。長期断食、長期飢餓中にケトン値が上がるのは立証されています。問題は、かなり肉を食べたい放題のケトジェニックダイエットでも、ケトン体質になるのかどうか。体質と言うことは、恒常的と言うことです。炎症も、糖質制限食だけで肺ガンを治そうと戦ったブログ勇士は、脳にでかい腫瘍が3個もできた後、行方不明でございます。本当にがんによいのでしょうか。進化が根拠(ヒトは肉食で脳がでかく)と言われますが、スペインの学者は、逆に高炭水化物食で大脳が発達という研究論文を出しています。まあ、昔のことは推測でわからないですが。

     また、糖質は減らした後、タンパク質主体なのか、脂肪主体なのか、両派に分かれていますので、統一してください。夏井先生は運動を否定しています。アマゾンでは、タンパク質は邪道で、自分は脂肪80%食という方が多いです。論理的に、人間は肉食動物だから、本来はケトン代謝、糖質は不要なはずが、ケトン体を上げるためのココナッツは、紛れもない植物なんですがね。ライオンは、ココナッツオイルや蒸留酒など飲みませんし、ふすまパンも食べません。大豆製品は、ベジタリアンの中心食材であり、準穀物なのに、「豆の中で相対的に」糖質が少ないから、OKというのも、理論的には今一ですね。

    返信削除
    返信
    1. どうもどうも。上にも書きましたが、いまのところ「ケトン体質」の存在を支持するデータがないので、わたしは否定的です。

      そもそも、人間は肉食動物ってのはあり得ないんじゃないでしょうか。旧石器時代の人類の歯からも植物を食べた痕跡がバリバリに見つかってますし。

      まぁいろいろ問題のある理論だなーと思います。

      削除
  6. ご呈示の結果グラフが一方のみ(糖質制限群?)なので、肝心の「高炭水化物群があきらかに」の所が理解できません

    返信削除
    返信
    1. 高炭水化物はグラフの青色の部分ですー。

      削除
  7. βヒドロキシ酪酸には抗炎症作用がありケトン食には寿命延長効果が期待できます。実践の価値があると思いますが。

    「絶食や低炭水化物食、激しい運動で炎症が抑制されるのはBHBのお陰」
    http://kenkounews.rotala-wallichii.com/fasting_inflammation_bhb/

    返信削除
    返信
    1. なるほどー。チェックしてみます!

      削除
  8. βヒドロキシ酪酸に関する次のようなニュースがありました。

    「運動が脳に良いメカニズムが明らかに:世界の最新健康・栄養ニュース」
    http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=54812&-lay=lay&-find

    Mice on wheels show scientists how exercise benefits their brains
    http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-06/nlmc-mow053116.php

    返信削除
    返信
    1. どうもどうも。これは原論文を読みましたが、実験デザインが良くないように思いましたー。

      削除
  9. 対照として
    低糖質→高糖質
    高糖質を続けた場合のグラフも欲しい。

    返信削除
  10. 「素早く脂肪を燃やしたいなら、ケトン体の量を調べてみるといいよ」
    http://yuchrszk.blogspot.jp/2014/08/blog-post_98.html

    の記事と矛盾しませんか?

    このブログは大好きなですし,極端な糖質制限がNGという点にも賛同致しますが,
    上記については疑問が生じたのでコメントさせて頂きました。

    (「Contact Me」宛に差し上げたメッセージは無視してくださいm(_ _)m
    ケトン食ダイエットとパレオダイエットの違いに記事も読ませて頂きます)

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS