Loading...

スマホで幸せになるための「適切な利用時間」は平日に2時間まで?

Smartphone

  

デジタルで幸せに?

スマホと肥満に関連が!」 とか「スマホで集中力が激減!」とか、とかくデジタルデバイスの評判が悪い昨今でございます。

 

 

が、これまでの研究は、あくまで「めちゃくちゃスマホやゲームをしまくってる人」を対象にしてるんで、「一般的な使い方だと悪影響があるの?」っのはいまいちわかりづらいんですよね。

 

 

そんな状況下、「デジタルデバイスで幸福度を高める適量がわかったぞ!」って調査(1)が出まして、いろいろと参考になりました。

 

 



 

デジタルは「適量」さえ守れば幸福度が上がる

これはオックスフォード大学の調査で、15才前後の男女120,115人を対象にしたもの。全員のウェルビーイング度をチェックしたうえで、どれぐらいデジタル機器を使っているかを調べたらしい。具体的には、

 

  • テレビの視聴時間
  • テレビゲーム
  • スマホの利用時間
  • SNSの利用時間

 

といったところ。そこでどんな結果が出たかと言いますと、

 

  • デジタル機器は必ずしも有害ではない!
  • どころか、「適量」さえ守れば幸福度は上がる!

 

 って感じだったんですな。もちろん使いすぎは良くないものの、ちゃんと用量を守れば逆にメリットが大きいんだ、と。処方薬と同じっすね。

 

 

デジタルデバイスの適量とは?

では、デジタルの「適量」がどれぐらいかと言うと、

 

  • ゲーム:平日に1時間40分
  • スマホ:平日に1時間57分
  • テレビ・映画:平日に3時間41分
  • PC(ネット、SNSをふくむ):平日に4時間17分

 

みたいな感じらしい。このレベルを超えると幸福レベルが下がり始めるらしい。これぐらいの使用量なら、1日で超えちゃう人も多そうですが。

 

 

もちろん、これは「スマホを使うと幸せに!」って話じゃなくて、幸福レベルが高い人は、自然とスマホの利用時間が2時間弱ぐらいに落ち着くってことなんでしょうな。自分のデジタル利用の指標に使うのがよさそうですねー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS