Loading...

「高血圧の改善には運動が一番!」だけど、果たして1日どれぐらい運動すりゃいいの?のメタ分析

 

高血圧の改善には運動が一番!」ってのは間違いなく、過去にも多くのデータで立証されているところです。

 

ただ、ちょっと前に取り上げたメタ分析では「有酸素運動と筋トレを一緒にやろう!」って結論こそ出していたものの、「どれぐらいの量の運動をすればいいの?」ってとこまでは判断できなかったんですよね。高血圧を改善するには、有酸素運動と筋トレをどれぐらい行えばいいのか、という問題ですな。

 

 

といったところで新たに取り上げるデータ(R)は、「高血圧に効く運動量は?」ってとこをガッツリ調べてくれていて有用でした。

 

 

これは過去に行われた「高血圧と運動」に関する観察研究から、わりと信頼性高めな13件を抜き出したメタ分析になってます。総サンプル数は136,846人で、アメリカ、ヨーロッパ、東アジアなどからデータを引っ張ってきてまして、なかなかよろしいんじゃないでしょうか。

 

 

で、まず大きな結論から並べていくと、こんな感じです。

 

  • レジャータイムに週1〜3時間の運動をすると、週の運動時間が60分の人に比べて高血圧リスクが11%下がる

 

  • 運動時間を週4時間にすると、週の運動時間が60分の人に比べて高血圧リスクが19%下がる

 

  • 運動の種類は、ウォーキングでもサイクリングでもジョギングでも水泳でもなんでもOK!

 

というわけで、とりあえず空いた時間に1日30分ずつウォーキングでもすれば、高血圧改善の最低ラインはクリアできそうっすね。

 

 

ちなみに、このデータでは他の知見もいくつか得られてまして、

 

  • 仕事のなかで体を動かす活動については、高血圧改善との相関が見られなかった

 

  • 通勤に使う身体活動についても、高血圧の改善とは相関がなかった

 

ということで、どうも仕事がらみで体を動かした場合には、なんだか高血圧の改善との相関が見られなかったみたい。ここらへんについては、たんに「仕事の活動」と「余暇の活動」をわけたデータが少ないからか、それとも仕事のストレスでメリットが相殺されちゃったのか、うーん、謎ですねぇ。

 

 

研究チームいわく、

 

高血圧は心疾患と腎臓病のリスク要因だ。ゆえに、高血圧のコントロールは非常に重要になる。

 

血圧を下げようと思うなら、まず第一に、あなたの余暇にもっとエクササイズをするべきだ。レジャーとして行うエクササイズだけでも、私たちの体重は調整され、インスリン感受性も改善され、血の流れを十分に向上させる。

 

ということで、とりあえず「仕事以外の時間を使って体を動かそうぜ!」ってポイントが強調されておりました。血圧にお悩みの方は、とりあえず軽い運動を1日30分っすな。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item