Loading...

歯磨きは心臓にいい!そしてシュガーレスガムはやっぱり役に立つ!という話

 

「歯」にまつわる興味深い知見が2つ出てたんでメモしときます。

 

 

歯磨きは心臓にいいぞ!という観察研究の話

歯磨きは脳機能を保つためにも大事!なんて話も近ごろありましたが、今度は「歯磨きで心疾患リスクが下がる!」みたいな観察研究(R)が韓国から出ておりました。

 

 

ざっくりどんな研究かというと、

 

  1. 40〜79歳の男女161,286人を集め、普段どれぐらいのペースで歯を磨いているかをチェック
  2. 10年にわたって追跡調査を行い、心疾患の発症率とくらべる

 

みたいになってます。因果関係がはっきりするタイプの研究じゃないものの、サンプルサイズは多いので参考にはなりましょう。

 

 

で、結果としてこんな傾向が認められました。

 

  • 1日に3回以上の歯磨きをする人は、不整脈リスクが10%下がり、心不全リスクが12%下がる傾向があった

 

この傾向は参加者の年齢や収入、運動習慣、飲酒量、体型などを調整しても確認されたそうで、やっぱ歯磨きって大事なんだなーって感じがするわけです。

 

 

まぁもちろんこれだけじゃ因果はわからないものの、チームが想定してるメカニズムとしては、

 

  1. 歯を磨かないせいでバクテリアが増殖
  2. バクテリアが腸や血液に入り込む
  3. まいどおなじみの炎症が発生!

 

という感じになってます。オーラルケアは虫歯だけの問題じゃなく、体内にバクテリアが侵入するのを防ぐためにも大事なんじゃないか、と。いかにもありそうな話っすね。

 

 

 

シュガーレスガムは歯にいいのか?問題

 

でもって、もうひとつ(R)は「シュガーレスガムって本当に歯に良いの?」ってのを調べたメタ分析になります。「虫歯を防ぐ!」などと喧伝されるガムは多いものの、それってどこまで意味があるの?という話っすね。

 

 

具体的には、過去50年ぐらいのあいだに出たシュガーレスガム研究から12件をまとめていて、実際のところ虫歯に効くのかをチェックしてくれております。わりと信頼性が高めな内容で良いのではないでしょうか。

 

 

で、ざっくりと分析の結果をメモっとくとこんな感じです。

 

  • シュガーレスガムは有意に虫歯を減らす!(抑制率28%)

 

というわけで、やはりシュガーレスガムには意味があるみたい。個人的にもガム好きなんで、こりゃありがたい話です。

 

 

チームいわく、

 

ガムは唾液の増加をうながし、これが歯を保護する自然なバリアとして働く。同時に、咀嚼によってプラーク抑制の効果も得られるため、虫歯予防に効果的に働く。また、シュガーレスガムには、キシリトールやソルビトールなどの抗菌作用を持つ成分をふくむケースが多い。

 

とのこと。ツバの増加と糖アルコールの働きが大きいんだってことですね。

 

 

まとめ

そんなわけで、近年は「歯磨きのメリットは虫歯予防のみにあらず!」って知見がたまってきまして、あらためてオーラルケアって大事だなーとか思った次第でした。

 

 

ちなみに、よく「どんな歯ブラシを使ってますか?」みたいな質問を受けるんですけど、こないだの電動歯ブラシ研究などを参考にしつつ、いまはフィリップスのソニッケアーに落ち着いている感じ。もともと私は歯茎に炎症が起きやすいタイプだったんですが、これを使い始めてからトラブルが激減したんで、まぁ良かったんかなーと思っております。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item