このブログを検索

【質問】結局のところ、肉食ダイエットってメリットはあるのでしょうか?


 

こんなご質問をいただきました。

 

肉食ダイエットについてどう思われますか? 一時期のブームは終わった感じもありますが、いまも推奨する人は多いです。というか、痩せるだけでなく、健康にもいいし、運動もしやすくなるなどと言う意見もよく見かけます。鈴木さんは、よく極端な食事は体に悪いとおっしゃっていますが、いかがでしょうか?

 

ということで、肉食ダイエットはどんなもんか、と。肉食ダイエットってのは、名前のとおり動物の肉、内臓、卵、低乳糖の乳製品をメインとした食事法でして、炭水化物をほとんど食べないのがポイントですね。

 

 

質問者さんがおっしゃるとおり、熱心な支持者が多い食事法で、「めきめき痩せる!」「パフォーマンスが上ガル!「ホルモンのアンバランスが改善!」「気分障害も改善!」など、あらゆる健康問題が解決するといった主張も見かけたりします。本当だったらすごいですよね。

 

 

で、いまの時点でどれぐらい肉食ダイエットに根拠があるかと言いますと、関連する研究は「ほとんどないよなー」ってのが現状だと思われます。いまのところ、肉食系ダイエットを指示するデータってのは、糖質制限ダイエットの文献から引っ張ってきてる印象ですね。

 

 

たとえば、低糖質やケトジェニックなどの食事に関する最近のレビュー研究(R)を見てみると、

 

  • 糖質を徹底的に減らした食事には、顕著な体重減少と心血管健康のいくつかの指標の改善が見られる
  • ただし、糖質制限による健康の改善レベルは、伝統的な健康食と有意な差はない
  • また、低糖質と健康に関する研究の多くは、慢性疾患を患っている人や肥満の人を対象に行われたものであり、健康で活動的な人には関係ない可能性も大きい

 

ぐらいの結論になってます。これを見ると、肉食ダイエットで健康になれる可能性がありつつも、その結果はごく一部の人にしか当てはまらないんじゃないかってことですね。

 

 

さらに、それと同時に、肉食ダイエットにはいくつかの懸念点もありまして、おおよそ以下のようになります。

 

 

  • 慢性疾患と死亡率の上昇:以前にも書いたとおり、糖質を減らせば減らすほど死亡リスクが上がるって報告はかなり多め。また、肉の大量摂取についても、気分障害、大腸がんの発生、全死亡率との間に相関関係があることを示す文献がいくつかあったりします(R,R,R)。まー、肉の大量摂取による害についてはまだ議論がありまして、多くの研究は、肉食ダイエットについて決定的なコメントはしていない感じっすね。

 

 

  • 栄養素が足りなくなるかも:肉食系ダイエットでも必要な栄養素をそこそこ摂取できるんだけど、万全な栄養を満たすには不十分な場合があったりします。ありがちなのは、ビタミンCやカルシウムが不足して、疲労や発熱などが起きちゃうケースですね(R)。 なので、もし肉食ダイエットにトライしたい場合は、サプリなどで不足した栄養を補うのがよろしいかと思います。

 

 

  • 運動パフォーマンスの低下 :基本、持久力を必要とする競技で高いパフォーマンスを発揮するために糖質が必要なので、肉食ダイエットは不向きでしょう。短時間の筋トレであれば肉食系ダイエットでも対応できる可能性はありますが(R)、45分以上のトレーニングや、10セットを超える大量のトレーニングを行う場合には、パフォーマンスが下がっちゃうだろうなぁ……とは思うわけです(R)。

    まぁ肉食ダイエットでも、タンパク質をガッツリ食べて筋肉に負荷をかければ最悪問題は防げると思いますが、やっぱトレーニング中のパフォーマンスは下がるでしょうね。また、筋トレの歴が長い人ほど、筋肉を増やすにはさらに多くのボリュームが必要になるので、その点でも肉食ダイエットは不利でしょうね。

 

 

  • 腸の健康に悪そう:肉食ダイエットは、腸の健康に悪い影響を与える可能性もあります。なんせ炭水化物や発酵性の食物繊維が減っちゃうので、腸内細菌がうまく育たなくなるかもしれないんすよ。事実、野菜や果物をよく食べる人は、後年の大腸がんリスクが格段に減るのはほぼ間違いないですしね(R,R)。

    ちなみに、ある事例研究(R)では、肉食ダイエットで腹部の膨満感が改善したって報告も出てたりするんですが、ここらへんは追試で確認するしかないっすね。もしかしたら、肉食ダイエットは、腹部の膨満感やガスが定期的に発生する人には有効なのかもですが、この手の問題ってのは他の方法でも対処できますからねぇ(食事の回数を増やしたり、水をたくさん飲んだりとか)。

 

 

  • 自己免疫疾患の改善効果は怪しい:肉食ダイエット好きのなかには、「自己免疫疾患の治療に役立つ!」などと主張する人もいますが、いまんとこ実証例はない感じっすね。というか、自己免疫疾患の多くは、定期的に良くなったり悪くなったりを繰り返すんで、「たまたま症状が改善したのを食事法のおかげと誤解したんじゃない?」って見解はわりと多め(R)。個人的にも、その可能性は大きいかなーと思っております。

 

 

ってことでいろいろ書いてきましたが、やっぱ個人的には「極端な食事法に正解はないから、普通に新鮮な野菜をたくさん食べるのがベストでしょう!」とは思います。肉食ダイエット好きを止めようとは思わないものの、その際は、栄養不足やら腸内環境のケアやら、注意しなきゃいけないポイントが増えちゃう点は押さえておきたいかなぁ……と。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

search

ABOUT

自分の写真
1976年生まれ。サイエンスジャーナリストをたしなんでおります。主な著作は「最高の体調」「科学的な適職」「不老長寿メソッド」「無(最高の状態)」など。「パレオチャンネル」(https://ch.nicovideo.jp/paleo)「パレオな商品開発室」(http://cores-ec.site/paleo/)もやってます。さらに詳しいプロフィールは、以下のリンクからどうぞ。