Loading...

糖質制限ダイエットをやると足がつりやすくなる?


糖質制限食ダイエットを始めてから足がつりやすくなった」とのご質問をいただきましたので、ちょっと書いてみようかと思います。




メールの内容を抜粋しますと、

糖質制限を始めてから、なぜか足がつりやすくなったようです。以前は特に足がつることはなく、年に1、2回ぐらいでしたが、いまは月に2、3回は朝に足がつって目が覚めます。すぐにストレッチしますが、しばらくは痛いままです。

 

糖質を減らすと足がつるものなのでしょうか? 糖質制限ダイエットのほかに変わったことはしていないので、糖質が原因だとしか考えられません。


とのこと。


お答えを申し上げますと、糖質制限ダイエットで足がつりやすくなるのは、十分にありえる話だと思います。原因は、以前に「糖質制限ダイエットで酒に弱くなるのか?」でも書いたのと同じ。おそらくは脱水のせいじゃないかと。


くり返しになりますが、糖質制限ダイエットには体内の水分を減らす作用がありまして、意識して水分補給をしないと体が脱水状態になりがち。特に1日の糖質量を40グラム以下にすると、ケトン体のせいでさらに脱水のスピードが速くなります。


で、水分が体の外に出る際に、筋肉の調整に必要な電解質も排出されちゃうので、自然と筋肉の収縮(=足がつる)が起きやすくなるという仕組み。競技中のアスリートが足をつりやすいのも、汗で電解質が流れ出ちゃうからなんですな。


そんなわけで、対策としては、十分な水分とミネラルを摂るのが大事になってきます。具体的には1日に2リットルの水と、塩分、カルシウム、カリウムの3つをふくむ食品を食べるか、サプリメントで補えばいいかと思います。


また、一説には、タウリンを飲むと筋肉のけいれんが少なくなるって研究もありまして、上の方法でも治らないときはお試しになってみるといかも。(1) では、お大事に!


photo credit: PNASH via photopin cc


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。