Loading...

イヤイヤ運動をすると逆に太るぞ!という研究


心理学系のダイエット本の名作「そのひとクチがブタのもと」のブライアン・ワンシンク教授が、今度は「運動は楽しまないと太るぞ!」って面白い研究を発表してたのでメモ。

 





 

これは、運動のモチベーションによって、ダイエット効果に差が出るのかどうかを調べた実験で、56人の女性を半分にわけ、以下の2パターンでウォーキングをしてもらったんですな。

  1. 「好きな音楽を聞きながら、楽しんで運動してください」と指示
  2. 「マジメに運動してるかを、つねに監視しています」と指示



すると、楽しんで運動したグループは、義務でやったグループよりも疲れておらず、その後の食事でも、無意識のうちに食べる量が少なくなっていたんだとか。


その理由について、ワンシンク教授は、

エクササイズを義務とみなすと、脳の報酬系は「見返り」を求めようとする。しかし、エクササイズを楽しんだ場合は、そうならない。


とのこと。イヤイヤ運動をすると、脳が無意識のうちに「頑張ったからごほうび!」と考えちゃうのに対し、エクササイズを楽しんだ場合は運動自体がごほうびになるので、別の見返りを求めないようになる、と。


ちなみに、この現象は、運動だけでなく、仕事やボランティアとかでも起きるらしい。イヤイヤ仕事をしてると、無意識に脳が報酬を求めて食べ過ぎに走っちゃうんだとか。どんなに義務的な作業でも、できるだけ楽しみを見つけたほうが太らないよって話ですね。


photo credit: Alan Cleaver via photopin cc


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。