Loading...

あらゆるスキルを効率よく身につけたいなら「インターリービング練習」を使うべし

Traffic sign

 

どんなスキルを学ぶときでも反復練習は必須。たとえばピアノの練習であれば、ひとつのフレーズが完璧に身につくまで演奏をくり返す方法が定番でしょう。俗に「ブロック練習」と呼ばれる方法であります。

 

 

が、新たに南フロリダ大学から出た論文(1)によれば、本当にスキルを身につけたいなら「インターリービング練習」のほうが格段に効率がいいらしい。これは、1回の練習時間のあいだに複数のスキルを一気に練習する方法。たとえば、

 

  • 英語だったら、1回の勉強で単語・文法・リスニングをすべてやる
  • 野球だったら、1回の練習でカーブ・フォーク・スライダーの投球連数をすべてやる

 

といった感じ。直感的には、ブロック練習のほうが身につきやすそうな気もしますね。



で、今回の実験では、126名の学生を半分にわけて、以下のパターンで数学を勉強してもらったんだそうな。

 

  1. ひとつの方程式の使い方をマスターしたら次に進んでいく(ブロック練習)
  2. 1回の授業で、さまざまな方程式の使い方を学んでいく(インターリービング練習)

 

その結果は、

 

  • 授業の翌日のテストでは、インターリービング練習グループのほうが成績が25%アップ
  • 1ヵ月後のテストでは、インターリービング練習グループのほうが成績が76%アップ

 

だったらしい。インターリービング練習の圧勝ですな。

 

 

ここまでの違いが出たのは、

 

  • 異なる課題をまとめて学ぶことで、他の問題点への応用が効きやすくなる
  • 脳は単純な刺激に飽きやすいので、課題が変わることで活性化しやすくなる

 

ってのが原因らしい。もともと、ヒトの脳はブロック練習には向いてないみたいですね。わたしが英語を勉強してたときも、単語や多読をまとめてやったほうが習熟スピードは速かったように思います。1つの課題ばっかやってると、自分が上手くなったように錯覚しちゃうって問題もありますしねー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS