Loading...

孤独は人の免疫を暴走させるんで、アンチエイジングにも長生きにも良くないという話


Isolatin

孤独が体に悪い!」ってデータが昔からあるんですよ。一説には、友だちが少ない人ほどセルフコントロール能力が低くなり、つい不健康な食事に手を出してしまうんだとか。


ところが、さらに最近の研究(1)によれば、孤独は免疫系にダメージをあたえて寿命を縮めちゃう可能性があるんだそうな。


これはカリフォルニア大の実験で、孤独がヒトの細胞にどんな影響をおよぼすかを調べたもの。141名の高齢者から血液と尿サンプルを5年にわたって採取して、全員の免疫系やストレス反応をチェックしたんですね。



そのうえで参加者の孤独感とデータをくらべたところ、

  • 主観的な孤独感が強い人は、免疫系の遺伝子が12.2%ほど活性化した
  • 孤独感が強い高齢者は、寿命が縮まるリスクが14%高くなる

 って感じだったらしい。免疫系の遺伝子はウイルスの駆除に役立ついっぽうで、活性化しすぎると体内に慢性炎症を起こしてしまう両刃の剣。これが老化を進める原因になるわけですね。


こういった現象が起こる原因としては、

  1. 孤独を感じる
  2. 仲間がいないため、脳が「危険に備えよう!」とパニックを起こす
  3. 交感神経が暴れ始める
  4. 免疫系が活性化
  5. 老化!

って流れを想定しているらしい。あくまで仮説ではありますが、もともとヒトは集団生活に適応して進化してきた生き物ですから、孤独によって脳がパニクるのはありそうな話ですねぇ。


ちなみに、ここで問題なのは「主観的な孤独感」なんで、いくら友だちが多くても内面で寂しさを感じていれば同じことなんでご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. ご無沙汰しております、何度かご一緒させていただいている名倉です。聞き伝てで最近、すーさんのブログを知って以来、愛読させてもらっています。

    すーさんの近年の健康的生活に瞠目するとともに、情報収集能力と処理能力の高さに改めて畏敬の念を抱いております。知的好奇心の強さに加えて英語力にも長けておられるゆえ、海外の新しい文献情報を効吸収できるのが本当に強みだなァと思っています。

    心理学の文献なんかも、当方が知らない新しい知見が結構バシバシ掲載されていますからねえ……。ほんと勉強になっています(笑)。関係ないですが、すーさんの影響で「インサイド・ヘッド」観ましたよ~。

    さて今回は、貴ブログ記事「孤独は人の免疫を暴走させるんで、アンチエイジングにも長生きにも良くないという話」についてのご質問です。

    免疫とストレスの関係については当方もちょこっと興味を持っていた時期があるのですが、いろいろ難しくて未だによく分かっておりません。免疫系は中枢(≒脳)の支配下にあるのではなく、中枢の指令を受けながらも免疫系自体がサイトカイン等の連絡によって独自に自己コントロール体系を構築しているとも言われていますし、もうややこし過ぎ!!

    それで、書いておられた下記について(引用になりましょうか)

    >免疫系の遺伝子はウイルスの駆除に役立ついっぽうで、活性化しすぎると体内に慢性炎症を起こしてしまう両刃の剣。これが老化を進める原因になるわけですね。
    >こういった現象が起こる原因としては、
    >孤独を感じる
    >仲間がいないため、脳が「危険に備えよう!」とパニックを起こす
    >交感神経が暴れ始める
    >免疫系が活性化
    >老化!

    孤独感が「群れからの孤立による自己個体の危機感」から交感神経を賦活させるところまではその通りと思うのですが、当方の乏しく古い知識では、

    ・交感神経優位によって活発になるのは免疫系の中でも顆粒球(細菌感染への抵抗性)である。これは、猛獣などとの格闘による細菌感染に備えるためであって、風邪などのウイルスに対する免疫系であるリンパ球の活性はむしろ後回しにされ抑制される。
    ・逆に副交感神経優位によって活発になるのはリンパ球(ウイルスへの抵抗性)であり、同時に細胞修復も活発になるが、アレルギー反応による自己攻撃のリスクも高くなる。

    という機序であったと記憶しています。この理論通りでいくと、孤独感によって交感神経が暴れて優位状態が続くと、ご指摘の「ウイルスの駆除」や「慢性炎症」とは逆の現象が起こることになります。単純化すると、ストレスに対する早期反応としての自律神経反応である「交感神経~アドレナリン・ノルアド反応」と、引き続く「視床下部→脳下垂体→副腎」反応の影響が、大局的にはこのような現象を及ぼすということです。そして、孤独な人ほど風邪を引きやすいというデータは存在した記憶がありますが、これが食事などの要因を統制したものであったかは定かではありません…。

    かたや一方で、ストレスがアトピーや喘息などアレルギー反応を悪化させることはほぼ周知のことですし、これは上記と一見矛盾するものの、その理由としては「交感神経の暴騰につづく副交感神経の暴落と、その反動としての副交感神経の暴騰、さらにその反動としての交感神経の暴騰……(以下ループ)」という、天秤の乱高下説が有力と聞いたことがあります。

    このあたりの最近の論拠(ストレスに対する免疫系反応と炎症反応、老化などとの関連性)について、もし有力は情報などありましたら、ブログにてでもご教示をいただければ幸いです。若干専門的な話題になり過ぎかもしれませんが…。

    それはさておき、今後もブログ楽しみに拝読させていただきます。また、ミファさん共々またいつかご一緒できる機会を楽しみにしております!

    返信削除
    返信
    1. どもども!ごぶさたしてますー。名倉さんが読んでらっしゃるとは知りませんで、なんか恥ずかしい!(笑)

      お尋ねの件ですが、恥ずかしながら交感神経と副交感神経のループ説は初めて聞きました。わたしの頭にあったのは、ストレスで交感神経優位の状態が続くことで、

      1.コルチゾールの量が高止まりする
      2.サイトカインの分泌バランスが変わる
      3.炎症細胞のサイトカインレセプターが刺激される
      4.それにともなってT細胞の活動バランスも変わる

      といった流れですねー。ただ、サイトカインやT細胞の変化に関しては実験によって結果がバラバラなんで、詳細はいまだ闇の中といった感じじゃないかと。個人のホルモンや神経伝達物質の差でだいぶ反応が違ってくるみたいですが。

      また、別の経路としては、

      1.コルチゾールの量が高止まりする
      2.コルチゾールが腸上皮細胞の密着結合のタンパク質を切り離す
      3.腸内に微細な穴が空く(リーキーガット)
      4.腸からエンドトキシンが体内に流れ込む
      5.過剰なアレルギー反応が起こる

      というのもありそうですし、さらに別の経路としては、

      1.コルチゾールの量が高止まりする
      2.細胞のグルココルチコイド受容体の感受性が低くなる
      3.さらにコルチゾール量が増加し、高血糖の状態が続くようになる
      4.インスリン抵抗性が悪化する

      という仕組みもありそうな感じです。いずれにせよ、コルチゾールがサイトカインやT細胞に影響をあたえるのは間違いなく、まずはそのへんが大きいのかなーと思っております。交感神経と副交感神経のループ説については勉強してみます!

      それではまたー。

      削除
    2. さっそくのレスありがとうございます~。

      いやー、いろんな視点からの情報、参考になりました。自律神経反応って全身のさまざまな部位で多発的に生じるので、どんな反応も単純で一方向的な変化として捉えられないのかなという感はあります。

      そもそものギモンのひとつは、「我々はストレスを受けると交感神経が優位になり、コルチゾールの分泌が亢進することによって血糖値や抗炎症作用が上昇する」という基本的メカニズムを持っているのに、現実にはストレスを受けると炎症性疾患が増悪するのはどうして? コルチゾールが増えたらその抗炎症作用によって炎症性疾患は改善するんじゃないの? というものでした。

       しかし下記の研究などを見ると、孤独などの長期的ストレスによってコルチゾールの高止まりが続くと、コルチゾールに対する細胞の感受性が鈍化して、いくらコルチゾールが分泌されても炎症が止まらない状態になってしまうのかなと。
       こう考えると、炎症性疾患に対してステロイド薬(≒コルチゾール)が投与されることで、ようやく炎症が治まるのも納得できる気がします。(見当ちがいですかね?)

      ---
      『孤独の科学』 河出書房新社より引用(P143)

       炎症はごく普通の免疫反応で、怪我や感染をしたときに赤くなるという症状が頭に浮かぶだろう。不快なことが多いが、じつはこの反応は、免疫細胞を運んできて、侵入した細菌と戦わせ、傷の治癒を早める手助けをする。だが細菌にさらされる時間が長すぎたり、炎症が起こるのが遅すぎたりすると、治癒のプロセスが遅くなり、腫れや痛みが起き、関節の機能が失われることもある。炎症が慢性化すると、心臓血管の疾患につながる。

       私たちは、唾液サンプルを調べることで、朝のコルチゾール値の上昇を確認できた。コルチゾールとは、ストレスに反応して代謝と筋肉に働きかけ、身体的な脅威に応じる能力を増すステロイドで、そのおかげで早く走ったり激しく戦ったりすることなどが可能となる。コルチゾールは人を機敏にするとともに、炎症反応やアレルギー反応を調節して、体が損傷を被ったときに備え、うまく対処できるようにする。
       ある日に孤独を感じると、次の日の朝、コルチゾール値が上昇することが、この研究からわかった。さらに、中高年の人の血液を採取して白血球を分析したところ、孤独感は何らかの方法で細胞の最深部にまで影響を及ぼし、遺伝子の発現方法を変えることが判明した。孤独によってDNA転写に変化が起きるようで、それが、循環するコルチゾールに対する細胞の感受性を変化させ、炎症反応を停止する能力を弱めたのだ。

      E.K.Adam, L.C.Hawkley, B.M.Kudielka, and J.T.Caccioppo, "Day-today dynamics of experience: Cortisol associations in a population-based sample of older adults," Proceedings of the National Academy of Sciences 103 (2006): 178058-63. S.W.Cole, L.C.Hawkley, J.M.Arevalo, C.Y.Sung, R.M.Rose, and J.T. Cacioppo, "Social regulation of gene espression in human leukocytes," Genome Biology 8 no.9 (2007): R189. Hawkley et al., "Loneliness, dysphoria, stress, and immunity." 
      ---

      関係ないですが、ストレス負荷が対ウイルス抵抗性を下げてしまう実感はなんとなくあります。

      当方、去年からサイクリングにハマって続けていて、持久力アップのためサイクルローラー台を用いたHIITを取り入れてるんですが、無理して連日やると口唇ヘルペスがてきめんに出るというのが何度かありまして。

      何事もトレードオフ、ほどほどが自分には一番向いているんだなと痛感した一件です。

      削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS