Loading...

水分不足はメンタルの敵!気分良く暮らすには1日2.5リットルの水を飲みましょう

Drinking

  

1日に2.5リットルの水分補給で気分が良くなる!」って論文が面白かったんでメモ(1)。

 

 

水分不足でメンタルが悪化する!

これはフランスで行われた実験で、水分補給がメンタルに与える影響を調べたもの。昔から「水分不足はメンタルを悪化させる!」ってデータは結構ありまして、

 

  • 集中力の減少(2)
  • 疲労感の増加(3)
  • 認知機能の低下(4)

 

といった現象が報告されてきたんですね。

 

 

そこで、具体的に「どれだけの水を飲めばメンタルは改善するの?」って疑問について調べたのが今回の研究。まずは52名の参加者を2つのグループにわけたんですね。

 

  1. 多いグループ:普段から水を飲む量が多いグループ。具体的な量は1日2〜4リットル。
  2. 少ないグループ:普段から水を飲む量が少ないグループ。具体的な量は1日1.2リットル以下。

 

そのうえで、

 

  • 多いグループは、1日の水分補給を1リットルまでに減らす
  • 少ないグループは、1日の水分補給を2.5リットルまで増やす

 

という指示をあたえ、6週間の変化をみたんだそうな。



1日2.5リットルが水分補給のスイートスポット

その結果をざっくり言うと、

 

  • 普段からたくさん水を飲む人が水分補給を減らすと、平常心・幸福感・活力が下がり、全体的にネガティブな感情が増えた。
  • 普段からあまり水を飲まない人が水分補給を増やすと、眠気や疲労感が減り、集中力が上がった。
  • どちらのグループも、1日に2.5リットルの水分補給でもっとも気分が良くなった。

 

という感じ。普段の水分量によって効果の差はあるものの、全体的には1日2.5リットルがスイートスポットみたい。

 

 

もちろん、この研究には限界も多くて、

 

  • 実験期間中はエクササイズが禁じられている(疲労感が減ったのは運動してないからかも)
  • 水だけでしか実験していない(カフェインの効果はよくわからない)
  • 実験環境が参加者の気分に与えた影響を除外できない

 

などの問題があるので「大量の水を飲んでメンタルを改善しよう!」とは言い切れないところ。

 

 

とはいえ、水分不足でメンタルが悪化するのは間違いないので、

 

  • 普段から水を飲む量が少ない人は、さらに水を飲むと気分が良くなるかもよ!
  • 普段から水を飲む量が多い人は、水分を減らすとメンタル悪化しやすいよ!

 

とは言えそう。とりあえず1日2.5リットルの水分を目指して飲むとよろしいのではないでしょうか。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。