Loading...

瞑想で「タフな心」を育てるまでには何時間かかるの?

Resilience

 

 ウェルビーイングを育てるには?

ウェルビーイングは作れる!」って動画(1)がおもしろかったんでメモ。瞑想の脳研究で有名なリチャード・デビッドソン博士の、短いスピーチであります。

 

 

ウェルビーイングってのは「幸せな状態」のことなんですが、日本語でいう「幸福」よりもニュアンスの幅が広い概念だったりします。「人生満足尺度」でおなじみなエド・ディーナー博士の定義(2)でいうと、

 

長期にわたる快感情、不快感情のなさ、人生満足感のレベルから構成される

 

 みたいな感じ。当然、肉体の健康もここにはふくまれております。

 

 



瞑想エキスパートの脳はどうなってる?

で、ここでデビッドソン博士が強調するポイントは、

 

  1. レジリエンス(柔軟性のある心)
  2. ポジティブな態度
  3. 注意力
  4. 親切心

 

の4つ。これらの改善法についてはデビッドソン博士の著書を参考にしていただくとして、個人的にビビったのは、博士がレジリエンスついて調査した2013年の論文(2)であります。このなかで博士は、通算10,000時間以上の瞑想トレーニングを積んできた達人を集めて、全員の脳をfMRIにかけたんだそうな。

 

 

いちおうおさらいしておくと、レジリエンスは「ストレスから復帰する能力」みたいな概念です。レジリエンスが強い人ほど逆境に強く、ツラいことがあってもすぐベースラインに復帰できるんですな。

 

 

瞑想エキスパートは痛みを味わっている

さて、実験でわかったことは、

 

  • 瞑想の初心者もエキスパートも、「痛み」の強さは同じように感じている
  • ただし瞑想のエキスパートは、同じ痛みを「不快」に感じるレベルが低い
  • この違いは、瞑想により脳の顕著性ネットワークと扁桃体が変化したことが大きいっぽい

 

みたいな感じ。瞑想のプロでも痛みを感じないわけではなく、その痛みを「不快なもの」として処理してないんだ、と。

 

 

ちなみに、顕著性ネットワークは「注意をどこに向けるか?」に関わるエリアで、扁桃体はおもに感情に関わるエリア。つまり、瞑想の達人は「痛み」にはハッキリと注意を向けているんだけど、その刺激に反応してネガティブな感情が起きにくいわけですな。よくマインドフルネス瞑想で「不快な感情を避けずにじっくり味わう」みたいな表現をしますけど、このシステムにかなり近い印象っすね。

 

 

瞑想でレジリエンスが育つには6,000時間が必要?

では、瞑想で脳のレジリエンス機能が変わるには、どれぐらいかかるかというと、

 

現時点でのデータによれば、瞑想がレジリエンスに影響を与えるにはかなりの時間が必要だ。おそらく、レジリエンスに変化を起こすためには、6,000〜7,000時間の継続的なトレーニングが必要だろう。

 

つまり、レジリエンスの変化はすぐに起きるようなものではない。しかし、この事実は、瞑想トレーニングを続けるためのモチベーションになるだろう。

 

とのこと。6,000時間ってのはなかなか果てしないですねー。もし1日1時間ずつの瞑想をしたとしても、レジリエンスが変わるまで16年ちょい!うわー。

 

 

もっとも、デビッドソン博士の実験はまだ初歩的なものなので、この数値がどれだけ信頼できるかは不明。もっと長い可能性もあるかもです。

 

 

まとめ 

というわけで、瞑想でタフな心を作るのは思いのほか大変なのかも。ただし、現時点で最新のメタ分析だと、とりあえず8週間のトレーニングで不安や鬱は減る可能性が高いんで、ネガティブ思考な人にはオススメできそうに思います。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。