Loading...

貯金がたまらず借金が増えてしまう人にありがちな「性格」が特定された件

Th d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b s

 

ビッグファイブには「協調性」とか「調和性」とか呼ばれる項目がありますな。これは、みんなと仲良くやっていける特性で、ざっくり言えば「いい人」のことを現しております。

 

 

そのため、他人から好かれるためには欠かせない要素なんですが、いまいち他の4つにくらべて地味な存在ではあります。というのも、

 

  • 開放性=頭の良さと大きな相関がある!
  • 誠実性&外向性=人生の成功に関係しやすい!
  • 神経症傾向=日々の幸福度と密接な結びつきが!

 

みたいに他の4つは、人生の重要事となんらかの関係性があるんですよね。その点で、「調和性」にはいまいちピリッとしたデータがなかったりするんですな。

 

 

そんな状況下、新たに出た論文(1)は「調和性の高さは破産と相関がある!」って結論になっててビビりました。簡単に言えば「いい人ほど無一文になりやすい」ってことですね。

 

これはコロンビアビジネススクールの調査で、研究チームの問題意識はこんな感じ。

 

先行研究によれば、調和性の高さはクレジットスコア(信用度)や収入の低下と相関している。今回の研究では、この相関が他の指標でも確認できるのかどうかをチェックし、「いい人」が破産に追い込まれる理由を調べるのが目的だ。

 

実は過去のデータでも、いい人ほどクレジットカードの滞納が多く、年収も低い傾向があるんだ、と。確かに謎ですな。

 

 

で、この研究では、

 

  • イギリスの政府統計
  • オンライン調査
  • 銀行の口座情報

 

などを使って約300万人のデータ25年分を収集。そのうえで全員の調和性スコアとくらべたんだそうな。

 

 

その結果がどうだったかと言いますと、

 

  • 子どものころに「調和性」が高かった人は、大人になってから経済的な問題に追い込まれがち
  • 「調和性」が高い人は、破産する確率が50%も高くなる

 

だったそうな。研究者いわく、

 

調和性は、貯金の少なさ、借金の多さ、破産の多さなどと密接に結びついていた。この現象は、調和性が高い人はシンプルに「金銭」に重きを置かないのが原因だと考えられる。

 

人の良さは経済的なコストをともなう。なかでも、調和性の悪影響を埋め合わせる手段を持たない人には、とくに人生へのダメージが大きい。

 

とのこと。いい人はお金にこだわらない傾向があり、そのせいで収入のために働かなくなってしまい、ついでに浪費も多くなっちゃうらしい。おおらかな性格が裏目に出た感じでしょうか。

 

 

ってことで、心当たりがある方はビッグファイブテストで自分の「調和性」をチェックしてみるのがオススメ。もし調和性だけが高く出た場合は、意識して金づかいをコントロールしていっていくほうがよさげであります。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item