このブログを検索

【質問】ミセラーウォーターが最強の洗顔料だってのは本当ですか?

 


ご質問をいただきました。

 

ミセラーウォーターってどうですか?めちゃくちゃ肌に優しい洗顔だと聞きます。肌が弱いので気になります!

 

ってことで、ミセラーウォーターはどうなのか? 使うべきなのか?という疑問です。

 

 

ざっと説明しておくと、ミセラーウォーターは洗顔料の一種で、たいていの場合は、以下のような成分で構成されてるはず。

 

  • 精製水
  • マイルドな界面活性剤
  • 保湿剤(グリセリンとか)で構成されています。

 

ってことで、基本は「水+界面活性剤」のコンビだとお考えください。界面活性剤というと、自然派の美容クラスタでは嫌われることもあるし、実際に刺激が強くて乾燥しやすい界面活性剤もあるんだけど、ミセラーウォーターで使われるのは非イオン性界面活性剤というマイルドなものであり、使い終わりに肌につけたままでも大丈夫だったりします(R)。

 

 

でもって、以上をふまえたうえで、現時点で言えそうなポイントをまとめると、以下のような感じでーす。

 

 

ミセラーウォーターの良いとこ悪いとこ

  • とにかく肌の刺激が低め:ミセラーウォーターは肌当たりがマイルドなので、敏感肌の方が使うのはアリ。すべての肌タイプに適していると考えられてまして、2020年の研究(R)では、「ミセラーウォーターは酒さのある人にさえ適している」と結論づけてたりします。なかなかすごいですね。

    といっても、ミセラーウォーターに刺激物がふくまれていたら意味がないので、敏感肌や酒さのある人は、アルコール、香料、エッセンシャルオイルなどが入ってない商品を探してください。

 

  • なんせ楽で良い:ミセラーウォーターはマイルドな洗顔料なので、使い終わったあとに放置しておいてもOK。だいたいは、ミセラーウォーターをコットンにふくませて、そのままふいてメイクや汚れ、皮脂を落とせばいいんで、めっちゃ楽なんですよね。

    ただし、いかにミセラーウォーターが低刺激だと言っても、なかには問題が出る人はいるので、そこはご注意ください。「ミセラーウォーターで洗浄した後に水で流さなくてもOKかどうか?」は、人によるとしか言いようがないもんで。

 

 

  • 保湿になることも多い:ミセラーウォーターの多くは保湿成分が入ってまして、なかでもグリセリンが入ってることが多い印象であります。ある研究(R)では、グリセリンは皮膚の最上層の水分を効果的にキープできると結論づけてますし、同時に皮膚のバリア修復にも有益な効果が報告されてますんで、これもうれしいところですね。

 

 

  • ただし洗浄効果は弱め:ミセラーウォーターは洗顔に有効ながら、その他の強めなクレンジングに比べると、効果が弱いと感じるケースが多いはず。特に、濃いメイクを落としたいときや、ウォータープルーフの日焼け止めを落としたいときは、少し難儀するかもしれません。

 

 

ということで、ミセラーウォーターの長期的な効果を調べたデータはないものの、基本的には、乾燥肌、脂性肌、敏感肌など、すべての肌タイプに合う可能性がありまして、悪くないプロダクトではないでしょうか。

 

 

ってことで、最後に代表的なミセラーウォーター系アイテムを2点ピックアップしておくので、気になる方はどうぞ。

 

 

 

とりあえず、iHerbで買えるおすすめを紹介してみました。ほかにも「ラ ロッシュ ポゼ ミセラークレンジング ウォーター」あたりが人気ですが、ミセラーウォーターについては、商品ごとの差がそこまであるわけでもないんで、とりえず安いものを買ってみて、自分の肌に合うかどうかチェックしてみてくださいませ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

search