Loading...

過去最大級のコーヒー研究で、あらためてコーヒーの凄い健康効果があきらかに

Coffee

 もっとも信頼性が高いコーヒー研究が出た

 コーヒーは体にいい!ってデータは死ぬほどあるんですけど、新しく出たBMJに出た論文(1)は、「とにかくいろんな病気の予防になるよ!」って内容になっておりました。

 

 

これはエジンバラ大学の研究で、過去のコーヒー研究から218件を精査したメタ分析。そのうち201件は観察研究で、残りの17件がRCTになっております。

 



 1日3杯のコーヒーで死亡率が10%下がる!

だいたいの研究では、1日に3〜4杯のコーヒーを飲む人が、ほとんどコーヒーを飲まないとどんな違いが出るかを見ております。MAXは1日6杯ぐらい。

 

 

というわけで、データを精査した結果は以下のとおり。

 

  • 総死亡率が10%下がる!(RR 0.9, 95%CI 0.85〜0.96)
  • 心疾患で死ぬリスクが19%下がる!(RR 0.81, 95%CI 0.72〜0.9)
  • 癌の発症リスクが18%下がる!(肺癌を除く)(RR 0.82, 95%CI 0.74〜0.89)
  • 非アルコール性脂肪性肝炎のリスクが29%下がる!(RR 0.71, 95%CI 0.60〜0.85)
  • 2型糖尿病のリスクが30%下がる!(RR 0.70, 95%CI 0.65〜0.75)
  • 鬱やパーキンソン病、アルツハイマーにも効く可能性がある!

 

ってことで、コーヒーは肝臓系の病気にもっとも有効で、続いて肝臓癌、痛風、心疾患、白血病の予防にもなるみたい。体から脳まで、凄い幅広い効果ですなぁ。

 

 

もちろんコーヒーも万能ではない

ただし、いっぽうではコーヒーの副作用も確認されていて、

 

  • 子供の白血病
  • LDLコレステロールの上昇
  • 肺癌(ただしタバコを吸う人のみ肺癌リスクが上がる)
  • リウマチ性関節炎
  • 妊婦さん
  • 骨折(女性のみ。なぜか男性には変化が見られなかったそうな)

 

といったあたりは要注意だそうな。やっぱ、子供と妊婦さんはコーヒー を飲まないほうがいいみたい。あと、心疾患リスクが下がるのにLDLコレステロールが上昇するってのが不思議ですけど、このへんは謎。まだわからんことがありますね。

 

 

もっとも、この研究は観察研究がメインだし、全体的にRCTの質はかなり低いんで、まだ「コーヒーが体にいい!」と断定できる話でもなかったりはします。が、今回の研究により、コーヒーの安全性についてはほぼ確立された感じですので、1日に2〜3杯ぐらい飲んでみても損はないんじゃないかと。

 

 

まとめ

ちなみに、 「コーヒーのカビ毒は大丈夫ですか?」 みたいな質問もよくされるんですけど、個人的にはまったく心配しておりません。くわしくは「 コーヒーのカビ毒にはどこまでビビればいいのか?」をどーぞ。

 

 

また、もうひとつ「デカフェでもいいんですか?」って質問もよくありますが、こちらはまだデータが少ないものの、過去の観察研究では「カフェインレスのコーヒーでもOK」って結論が出てますんで、お好きなほうを選んでいただければよいかと。個人的には、カフェイン入りなら「Kicking Horse」を、カフェインレスの場合は「マウント・ハーゲン」か「ネスカフェ」を愛飲しております。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。