Loading...

MEC食やLCHFみたいな高脂肪食は老化が進む可能性があるんでおすすめしないです

High fat 
高脂肪食に関するご質問をいただきました。

MEC食やLCHFといった高脂肪食が流行っているようですが、パレオさんはどうお考えでしょうか?以前の記事で、高脂肪食だからといって太らないわけではないとのお話を読ませていただきましたが、そもそも高脂肪食というのは健康にいいものなのでしょうか?

とのこと。MEC食は肉・卵・チーズを大量に食べつつ炭水化物を減らす方法で、自然と脂肪の摂取量が増えるようになっております。野菜中心の生活から抜け出すことで、いろんな病気が治っちゃうというんですな。


渡辺信幸医師の「日本人だからこそ『ご飯』を食べるな 」で有名になった方法でして、個人的には本書について「うーん…科学的な根拠がない…」と思ってますが、それはまた別の話。ここでは「高脂肪食は健康にいいの悪いの?」という問題にしぼって考えてみたいと思います。


とりあえず狩猟採集民たちは高脂肪食でも元気
それではまずパレオダイエットの視点から、狩猟採集民と高脂肪食の関係を見てみましょう。狩猟採集民がとる脂肪の量は部族によってバラバラで、たとえばニュージーランドのトケウラ島に住む原住民を調べた研究(1)では、総カロリーの54〜62%がココナッツの飽和脂肪だったそうな。なかなかの高脂肪食ですねー。


にも関わらず、彼らが心疾患や糖尿病にかかるケースはまれで、肥満とも無縁の暮らしを送っております。60%を脂肪にしても現代病のリスクは上がらないわけですね。


もうひとつおもしろいのが、アフリカのマサイ族について調べた1971年の研究(2)。彼らは肉と乳製品をとることが多く、総カロリーの33%が脂肪だったそうな。まずまずの高脂肪食ですね。


ところ が、やはりマサイ族の皆さんも現代病にかかるケースはほぼゼロ。ココナッツのように植物由来の脂肪でなくとも、十分に健康的な暮らしをしていらっしゃいます。


ほかにもケニヤのカビロンドやトゥルカナの原住民なども、肉の脂肪をよく食べるわりに健康体だったそうで(3)、基本的には高脂肪食でもあんま健康には影響しなさそう。

Masai Village
 高脂肪でも現代病とは無縁なマサイ族の皆さん(via Flicker)





先進国の人間は高脂肪食で体が炎上騒ぎに
こういったデータを見ると「高脂肪食は無罪!」と言いたくなりますが、そう簡単にはいかないのが栄養学の難しさであります。というのも、いっぽうでは高脂肪食で体の炎症が起きるってデータがやたら多いんですよ。


言わずもがな、慢性炎症は老化や不調の大きな原因のひとつ。現代人はつねに体内で小さな火事が起きており、まずは炎症をしずめるのが最優先の課題と考えられております。


高脂肪と炎症の関係を並べると、

  • 4週間の高脂肪食で体内の毒素レベルが上がり、肥満や糖尿病のリスクが激増した(2007年,4)
  • 短期間の高脂肪食でも血中の毒素が増え、炎症レベルがあがった(2013年,5)
  • クリームとオレンジジュースを比べたところ、クリームを食べた参加者の炎症レベルがグンと上がった(2010年,6)
  • 41名の男性に高脂肪食を実践してもらったら、体内の炎症物質が激増した(2007年,7)

 みたいな感じ。いずれも高脂肪食で体内に炎症が起きちゃうって結論です。これは美容やアンチエイジングにもよろしくないですなぁ。


こういった現象が起きるのは、脂肪が腸内細菌のバランスを変えちゃうから。高脂肪食を続けると腸内にグラム陰性菌が増えまして、こいつが体内にエンドトキシンと呼ばれる毒素をバラまくんですな。腸から血液に流れんだ毒素は体内にボヤ騒ぎを起こし続け、少しずつ体を老化させていくわけですね。恐ろしや。


なぜ狩猟採集民は高脂肪食でも健康なのか?
とはいえ、先にも見たように狩猟採集民は高脂肪食でも健康だったはず。その理由はなんでしょうか?


この問題に関してはちゃんとした研究がないものの、おそらくは以下の2つが大きいかと思います。


そんなわけで、高脂肪食を試してみたいなら野菜は必須。MEC食は野菜を軽視する傾向があるので、個人的には実践してみたいと思えませんが。

Vegetables
 高脂肪食を試すなら野菜は必須(via Flicker)


まとめ
以上の話をまとめると、

  • 野菜をたくさん食べる限り高脂肪食でもOK
  • ただし日本に住んでると高脂肪食の害を防ぐのは難しい

 といった感じでしょうか。興味があればMEC食を試してもいいでしょうが、個人的には体内の老化が心配なので手を出さないつもりですねぇ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. 個人的には「クリーム」の質も関係すると思ってます。
    なかなか上質なクリームって手に入らないんですよね(ーー;

    返信削除
    返信
    1. 高品質の乳製品を探すのって難しいですよねぇ。いろいろ見ても、どれを買っていいのやら…。

      削除
    2. クリームで思い出しましたが、牛乳のβカゼインという蛋白質にはA1、A2という種類があって、欧米や日本などで普通に飲まれているミルクはA1型が多くアレルギーや動脈硬化の原因になるという研究があります。アフリカのマサイ族が飲んでいるのは、A2で安全性が高いそうです。

      日本で入手可能なA2牛乳は、ジャージー牛のものです。確かに高価ですが、少量食するのなら良いかなと思い、イトーヨーカドーという近くのスーパーでジャージー乳のヨーグルトを購入して食べています。

      削除
    3. ほうほう。これはおもしろい情報をありがとうございます!さっそくチェックしてみたいと思います!

      削除
  2. マサイ族の平均寿命は45歳で40歳過ぎると長老と呼ばれるそうです。

    返信削除
    返信
    1. そうですねー。マサイ族は感染症の死亡率が高いですから。乳幼児死亡率と感染症の数値を除くと、平均寿命は70ちょいぐらいまで上がるみたいですね。

      削除
  3. 最近(2000年以降)、文明人の慢性炎症の大きな原因が判明しました。意外と知られていないので、文献つきでお知らせしておきます。

    歯周病や虫歯が原因で口内細菌が歯茎から血液に入り込みエンドトキシンという毒を撒き散らし、免疫機構の働きで活性酸素が発生して全身の血管の至るところで慢性炎症を起こす、というのです。正式には、歯原性菌血症という病気で、ほぼあらゆる現代病の原因になるそうです。がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、リュウマチなどの自己免疫疾患、認知症など。詳しい分析と解説は、

    花田信弘著「白米が健康寿命を縮める--最新の医学研究でわかった口内細菌の恐怖」(光文社新書)

    をご参照ください。

    少し前にNHKの「ためしてガッテン」という番組でマサイ族の牛乳を主食とする食生活と歯の健康状態、歯の手入れの仕方を紹介していました。病気とは無縁の健康的な生活をしているそうです。

    返信削除
    返信
    1. おもしろい情報をありがとうございます!

      削除
  4. マサイ族の平均寿命が45歳は変わらない真実ですが、
    反対意見の方の病気知らずなのに感染症で亡くなる人が多いというご意見は、
    かなり矛盾だらけですね(笑)。
    病気にならないのに病気で亡くなる人が多いとはいかに?(笑)。

    マサイ族は大概45歳前後で亡くなるので
    ガンや高血圧等の高齢でかかり易い病気になる前に亡くなるという事で、
    病気にならないという訳ではありません。

    日本人で100歳超えの健康ご長寿の方は皆さん米も肉も魚も野菜も海藻も果物も、
    バランス良く召し上がっている様ですが。

    返信削除
    返信
    1. あー、もちろんマサイ族も病気になりますよ(笑)あくまで心疾患や糖尿病、肥満といった現代病にかかりにくいって話です。マサイ族が感染症にかかりやすいのは、現代医療が使えないからですね。医療の進歩はありがたいですねぇ。

      また、狩猟最終民の方々が感染症や事故死を生き延びて高齢に達した場合は、先進国よりもガンや高血圧の発症率は少ないようです。ご参考までにー。

      削除
    2. 狩猟採集民が西洋文明と接触して食文化が変わると、大抵、糖質の摂取量が増えて肥満や虫歯や文明病が増えてしまうのですよね。悪い方向に変わる。

      歯の健康状態は文明人の方が悪いのではないかなと推測するのですが、論文とか調査結果とかはあるのでしょうか。

      削除
    3. あ、ちなみに狩猟採集民の平均寿命については、以下に書いたことがありますんで、よろしければご参照ください。ソースもついてますのでー。

      http://yuchrszk.blogspot.jp/2015/04/2015-1.html

      削除
    4. 歯の健康状態については、ウェストン・プライス博士が1930年代に行った調査が有名だと思います。狩猟採集民には虫歯が少ないほか、乱ぐい歯のような咬合異常も見られなかったとのことです。

      削除
    5. 情報、ありがとうございました。博士の著書のKindle版をamazonで入手しました。

      プライス博士は歯科医だったのですね。話題が歯の健康だったのでビックリしました。偶然の一致か、必然の結果か?

      削除
    6. 「白米が健康寿命を縮める」という本の第1章にプライス博士の90年前の教科書の話がでてきます。読んだのに忘れていました。研究の発端のひとつがプライス博士の説を科学的に立証することだったようです。

      削除
  5. 現代の高脂肪食で炎症が起きるデータで見逃されているのは、タンパク質と糖質を一緒に摂った時の糖化現象というのもあるように思います。糖質を摂っていない人が、家畜でない動物性脂肪を摂った場合のデータが気になるところです。

    返信削除
    返信
    1. そうですねー。糖化に関しては、まだちゃんとしたデータがないのが現状かと思います。なかなか実験も難しそうですしねぇ。

      削除
  6. 野菜は糖分が多いし、野菜も果物も栄養素はセルロースに囲まれていて人間は殆ど吸収できないと生物学で学ぶんですけど野菜を食べる事による人間のメリットってあるんですか? それに植物繊維は消化できないって聞いたのですが・・・。もし野菜から十分栄養が取れるならビーガン達は病気にならず長生きする筈だと思います。殆どが病気になり菜食主義をやめてます。老化を進めるのはお肉より野菜だとおもんですけどね・・・。

    返信削除
    返信
    1. セルロースは、咀嚼と料理、腸内細菌の3つで分解されるので、ちゃんと栄養は吸収されますよー(もちろん消化されないものも多い)。すべての疫学データも野菜と果物のメリットを支持してますしねぇ。

      ビーガンが病気になりがちなのは、肉からとれるミネラルとビタミンB12の不足によるものって考え方が優勢かと思います。参考になれば幸いです。

      削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS