Loading...

確実にメンタルを強くする脳のトレーニング法、それは「N-Back課題」

Technology

 

ワーキングメモリは大事!超大事!」という話を何度か書いている当ブログ。ワーキングメモリは短い間に情報を処理する能力で、仕事や勉強に欠かせないのはもちろん、人生の質にも関わってくると考えられております。

 

 

で、新しく出た論文(1)を見てたら、ワーキングメモリが向上するとメンタルも強くなる!って結論になっておりました。頭の良さだけでなく、メンタルヘルスにもワーキングメモリは大事らしい。

 

 

これはゲント大学の実験で、不安症に苦しむ学生13名を対象にしたもの。ワーキングメモリを鍛えるために、半分の学生には「N-Back課題」と呼ばれる脳トレをしてもらったんですね。

 

 

「N-Back課題」は昔からIQを上げるために使われてきた方法で、その効果はかなり実証ずみ。試してみたい方は「本当に頭が良くなる脳トレ『Brain Workshop』」をご参照ください。

 

 



実験期間は15日で、学生たちは1日15分ずつのトレーニングをした模様。そのあとで全員の脳波や不安レベルを調べたところ、

 

  • 「N-Back課題」が上達した学生ほど
    • 不安が大幅に減った
    • シータ波とベータ波の比率が減った(=リラックス状態が増した)
    • ストレスが大きい環境でも集中力がとぎれなくなった

 

といった違いが出たらしい。つまり、

 

  1. 「N-Back課題」でワーキングメモリが向上
  2. 短時間に大量の情報を処理できるようになる
  3. 集中力が増す
  4. 精神に余裕が出てくる
  5. 不安が減少!

 

って流れですね。研究者いわく、

 

注意力のコントロールができないと、あらゆる作業がうまくこなせなくなってしまう。その結果、心配や不安は増大し、考えすぎの悪循環にハマってしまうのだ。

 

とのこと。注意力の有無がメンタルヘルスにもつながってるんですなぁ。

 

 

そんなわけで、脳力アップやメンタルヘルスのためにも、ワーキングメモリの向上は有効っぽい。もっともいいトレーニング法は「N-Back課題」でしょうが、ほかにも運動木のぼり瞑想なんかも使えそうであります。マジメに「N-Back課題」を続けてみようかなぁ…。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS