Loading...

不安症のわたしでも遺伝子組み換え作物の安全性は認めざるを得ないなー、みたいな話

GMO

 

遺伝子組み換え食品に関するご質問をいただきました。

 

台湾の給食で遺伝子組み換え食品が禁止されたというニュースを読みました。遺伝子組み換えの作物の安全性には科学的な合意がなく、毒性の強い農薬が使われているというのです。これについて鈴木さんはどうお考えでしょうか?

 

とのこと。遺伝子組み換え作物については当ブログでも過去に軽く触れたんですが、このときはわりと玉虫色の結論を出しておりました(笑)。が、その後であらためて論文をチェックしたので、ひとまず現時点での考えをまとめておきましょう。

 

 

遺伝子組み換えは環境にも人体にも問題がない

まず、ご質問の記事にあった「遺伝子組み換えの安全性には科学的な合意がない」って論文(1)ですが、これはかなり怪しい意見かと思います。

 

 

たとえば2012年がAAAS(アメリカ科学振興会)が出した声明(2)によりますと、

 

科学的な結論は明確だ。バイオテクノロジーの分子技術による現代の作物改良は安全である。(中略)WHOや米国医師会、米国科学アカデミー、英国王立協会といった権威ある組織がリサーチを行い、いずれも同じ結論に達している。

 

とのこと。AAASは世界でもトップクラスの科学団体でして、ここが認めている以上は「科学的な合意がある」と考えるのが普通ではないかと。

 

 

もちろん科学的な証拠も豊富で、もっとも有名なのは2013年に出た論文(3)。2002〜2012年のあいだに出た1,783件の実験データをまとめた系統的レビューで、科学的な信頼度はピカイチであります。

 

 

その結論をざっくり抜き出すと、

 

  • 科学的なデータは、遺伝子組み換え作物の安全性を確認している。遺伝子組み換えは、環境にも人体にも問題がない。
  • 遺伝子組み換え作物のDNAは、ヒトのDNAに取り込まれない。これは、遺伝子組み換えの反対派による、もっともバカげた主張のひとつである。
  • 認可された遺伝子組み換え作物のなかに、特殊なアレルゲンや毒物が見つかったという事実もない。
  • 遺伝子組み換えが生態系を乱すという証拠もない。

 

みたいな感じ。かなりガッツリと安全性を認めてますねぇ。

 



 

遺伝子組み換えで農薬の使用量が減らせる

もうひとつ参考になるのが、2014年の系統的レビュー(4)。こちらは147件の実験データををまとめたうえで、遺伝子組み換えの安全性はもちろん、農薬の問題についてもリサーチがなされております。

 

 

その結果を抜き出すと、

 

  • 遺伝子組み換え技術を使うと、
    • 農薬の使用量を最大37%まで削減できる
    • 穀物の収穫量を22%まで増やせる
    • 特に後進国への恩恵が大きい

 

といったところ。遺伝子組み換えは農薬の量を減らすので、逆に安全性が高くなる可能性も高いんだ、と。うーん、なるほど。

 

 

もっとも、これだけのデータを並べても、安全性を信じきれない人は多いでしょう。「ザ・フライ」のような遺伝子ホラー映画が大好きわたしとしては、遺伝子組み換え作物にビビってしまう気持ちもよくわかります(笑)

 

 

が、現時点では「遺伝子組み換えに問題なし!」が科学的な合意なのも間違いないところ。正直、これだけのデータがそろっちゃうと、不安症のわたしでも信じるしかない感じです。

 

 

それでも不安なときは、ガチのパレオダイエットを実践すればOK。加工食品を避けてれば、かなりのGMOは避けられるはずですんでー。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. 権威ある組織の研究結果が正しいとは限りません。
    モンサントの利益のために研究結果を恣意的に作った可能性もあります。
    WHOも米国も英国もグローバル投資家達の駒にすぎません。
    おっしゃる通りガチのパレオダイエットをすればいいのです。
    行き過ぎた資本主義は自然や文化、道徳までも壊してしまいます。
    原始時代に戻れとは言いませんが、せめて食べ物くらいは自然の物を地産地消でやっていくのが本来の姿だと思います。
    遺伝子組み換えは土を殺しますので、とても安心できるものではありません。
    長文失礼致しました。

    返信削除
    返信
    1. まー、ガチのパレオダイエットといっても、人類は大昔から遺伝子操作をやってきてるんで、どこまでが「自然」と考えていいかは難しいですよねぇ。

      削除
  2. 私も↑のななしさんの意見のほうに同意しますね。モンサント自体がロックフェラーの出資で作られている事は有名な話。つまり彼らと繋がっているWHOと米国、英国は批判など出来ない。

    ロックフェラーは石油から作られる医療薬を作って現代医療を支配したくらいだからね。これも対処療法で、これにより現代人は根本的に病気を治すという事を遠ざけてしまった。

    ちなみに独立したロシアなどの国はGMの危険性について発表している。

    彼らは実際に悪い結果や被害のあった結果に関しては何かとイチャモンをつけて証明しきれていないと誤魔化すが、安全面に関しては何故か早々とお墨付きを与える。まあ放射能の被害を誤魔化すのと近いものがありますね。

    ただ米国科学アカデミーはラウンドアップによる農薬散布のせいで、分かっているだけで世界で383種類もラウンドアップに耐性のある雑草が生まれ進化しているという事を指摘している。

    これは最終的に他の農薬を混ぜる、さらに強い農薬を作るという悪循環を生み出す結果になる事を意味している。
    これを続けるとどうなるか少し考えれば分かりますよね。

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS