Loading...

「糖質は必須栄養素じゃないから必要ない!」の嘘

Noodles

 

糖質は人間に不要!って説についてご質問をいただきました。

 

糖質制限ダイエットのサイトを見ていると、「糖質は必須栄養素ではない」という意見をよく見かけます。必須アミノ酸はあっても必須糖質はないから、糖質は不要な栄養素だというのです。

パレオさんは糖質制限には中立の立場だと思いますが、この意見に対してはどうお考えでしょうか?

 

とのこと。恥ずかしながらこの主張を知らなかったんですが、「必須 糖質」で検索したら山ほどヒットして驚きました。

 

 

代表的な意見を引用すると、

 

タンパク質には必須アミノ酸があります。また、脂肪には必須脂肪酸という、人間にとって体内で作ることができない物質があります。それに対して、糖質には「必須糖質」というものがありません

 

実際、国際食事エネルギーコンサルテーショングループの報告では「炭水化物の理論的な最小必要量はゼロである」とされています。また、アメリカの食事摂取基準にも、「炭水化物の必要最小量はゼロである」との記載があります。このように、糖質が必須ではないのは世界中の栄養学者にとって常識です。

参照:http://kenko-jouhou.com/diet/toushitu.html

 

みたいな感じ。ざっくりまとめると、

 

  1. アミノ酸や脂肪は食事からとらなきゃいけない
  2. でも糖質は体が作ってくれる
  3. つまり糖質はいらない!

 

って理屈のようですね。必須糖質が存在しないんだから、人間にとって糖質が不要なのは当たり前なんだ、と。

 



 

 

で、結論から言っちゃうと、これは単なる「言葉遊び」ではないかと。人間が炭水化物なしでも活動できるのは確かですが、この事実は、逆に糖質の重要性を意味しているんですよ。

 

 

そもそもヒトの細胞は糖質がないと働かないため、初期の人類が根菜やフルーツから大量の炭水化物をとっていたのは有名な話。体内から少しでも糖質が切れると人体は満足に動けないので、進化の過程でさまざまなセーフティーネットができてきたわけですね。

 

 

その代表例が糖新生です。糖質を極端に減らすとストレスホルモンが分泌され、同時に筋肉の分解がスタート。タンパク質をアミノ酸に変換し、肝臓で糖質を作り出す仕組みになっております。

 

 

が、この状態は、あくまでも人体にとってはセーフティーネット。長く使い続ければコルチゾールや甲状腺ホルモンなどのバランスが崩れ、さまざまな害を引き起こすことがわかっております。具体的には、

 

 

 などをご参照ください。つまり、人体は糖質なしでも動くから糖質は不要なんじゃなくて、糖質が超大事だからこそ人体は糖質なしでも動けるシステムを作り出したんですよ。論理が逆なんです。

 

 

ちなみに、上で引用した記事にあった「炭水化物の理論的な最小必要量はゼロである」って話ですが、これはいずれも「食事から糖質をとらなくても体がなんとかしてくれるよ〜」って事実を述べてるだけです。糖質をとらなくても健康で元気に暮らせるとは一言も言ってませんのでご注意ください。実際、2015年版のアメリカ食事摂取基準(1)では、1日に130gの糖質が推奨されてますしね。

 

 

「必須」という単語を見ると、ついタンパク質や脂肪のほうが大事そうに思っちゃいますが、実際は三大栄養素の重要性に優劣はなし量よりも質に気を配って、しっかりと糖質をとっていただければと思います。

  


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. 昨日知ったのですが「糖質制限ダイエット」の第一人者として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹さん(61)が急逝したとのことで、今後何かしらダイエット業界にも変化がありそうだなとおもって見ています。

    返信削除
    返信
    1. あ、そうなんですか。桐山さんは存じ上げませんでしたが、確かにお若いですねぇ…。

      削除
  2. はじめまして。
    糖質制限で大事なのは脂質をとって糖新生を防ぎながらケトーシスにもっていくことです。
    意図的にケトーシスに持っていけばケトアシドーシスの害はないし変に低血糖にならないからストレスも少ないように思えますが……
    実際にイヌイットは常にゼロカーボ(海獣などが主食)でしたが成人病のリスクははるかに低いです。

    またケトン体をエネルギーにすることで脳機能を改善したりてんかんの治療にも使われています。
    私自身ケトジェニックダイエットを何年も続けていますが体調はすこぶる良いです(MCTなどを使い迅速にエネルギー化しているのもありますが)
    またケトン体はBCAAの分解を抑え、ストレスホルモンであるコルチゾールを防ぐ研究所もあります。

    本当に糖質は必要なのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. はじめましてー。

      確かにケトーシスになれば糖新生のスピードは下がりますが、それでも脳が糖を使い続ける限り、糖新生を防げるわけではないかと思います。ケトン体がコルチゾールを抑える可能性はありますが、それでも糖質制限中にコルチゾールが高止まりするのは間違いないかと。

      ちなみに、イヌイットは決してゼロカーボなわけじゃないんです。海獣などの肝臓からアニマルスターチをとっているので、一般的な印象よりも糖質の摂取量はかなり多いんですよ。

      ケトジェニックダイエットで調子が良いのであれば何よりですが、いっぽうでは体を崩す方も多いですからねぇ…。

      削除
  3. この記事のとおりだと私もおもいます。 
    たしかに糖質を制限すれば早く痩せますが、糖質を普通にとっている時とくらべると、エネルギーというかあふれてくる力がかなりちがいます。

    糖質が超大事だからこそ人体は糖質なしでも動けるシステムを作り出した

    私もこの意見と同じです。

    返信削除
  4. 初コメです。
    個人的には、糖質よりも糖類(単糖・二糖)を制限するのが適切ではないかと思っています。
    一部の糖質(多糖類)は、プレバイオテクスの観点から人体には有益だと思いますし、血糖値の上昇も多くの場合ゆるやかです。レジスタントスターチやオリゴ糖の類は腸内環境を激的に改善してくれることが実感できます。
    これも個人的な意見になりますが、腸内環境の改善は最強のアンチエイジング兼延命療法だと考えているのですが腸内環境の改善は多糖類なくして有り得ないと思っています。

    ケトン体ダイエットや糖質制限は、こういった長期的な視点に欠けている部分があるので非常に危険な香りがします。短期的には確かに体脂肪減少に効果があるのは間違いないと思いますが、長期的には寿命を縮める可能性がありそうです。抵糖質な生活をしている種族は寿命が短いという話もありますし(医療や衛生環境も大きく影響していそうですが)。

    糖類は、スポーツ等の栄養補給以外に今のところ特に良い点が見つからないのでグルコーシススパイクを避ける意味で制限すべきではないかと考えています。

    返信削除
    返信
    1. どうもコメントありがとうございますー。確かに糖質制限が長期的には体に悪いってデータは多いですねぇ。

      まー、根菜類とかはパレオダイエットでも推奨してますんで、やみくもに糖類を制限しなくても良いのではないか、と。精製糖を控えるのは有意義かと思いますが。

      削除
  5. 血液中に糖質が必要であることは、ほとんどすべての脊椎動物に当てはまることだと思いますが、肉食動物の存在を考えると、食性とは別に考えるべきことだと思います。

    また、WHOからは、健康維持のために一日の糖質摂取量を総摂取量の5%、つまり、成人男性で一日あたり
    25g以内にした方が良いと、2013年にコメントが出ています。

    返信削除
    返信
    1. どーもどーも。WHOのコメントは「遊離糖を減らそうね」って話で、すべての糖質を減らせって話じゃないですよー。

      削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS