Loading...

ビタミンDの大量摂取でメンタルが37%も改善!ついでに若返りの効果も出たぞ!

Sun vitaminD

ビタミンDが脳に効く!って話をたびたび書いてきた当ブログ。新しく出た論文(1)でも、「ビタミンDの大量摂取でメンタルが激しく改善!アンチエイジング効果も凄い!」という熱い結論が出ておりました。

1日に7,000IUのビタミンDを飲みまくった

これはカーシャーン大学の実験で、中程度のうつ病に苦しむ18〜65才の男女40名を対象にしたもの。まずは全員を半分にわけたんだそうな。

  1. 1週間で50,000IUのビタミンDを8週間飲む
  2. なにも飲まない


1週間で50,000IUというと、1日に7,000IUちょっとぐらい。ビタミンDの最適レベルは1日に約3,000〜4,000IUぐらいと言われてるんで、なかなかの量ですね。


その後、全員にはさまざまなテストが行われまして、

  • うつ病レベル
  • インスリン抵抗性(糖尿病のリスクがわかる)
  • 体の抗酸化能力(活性酸素を処理する機能。これが高いほど老けにくい)
  • グルタチオンレベル(強い抗酸化作用を持つ成分。血中濃度が高いほどアンチエイジング力も高いと考えられる)


あたりをくわしくチェックしたんですな。



 

ビタミンDでうつ病レベルが37%も減った!

その結果は、以下のようになりました。
VitaminDforMDD 1
全体的にビタミンDグループの成績が良くて、

  • うつ病レベルが32%減少!
  • インスリン抵抗性も28%改善!
  • 抗酸化能力とグルタチオンも24%アップ!


みたいな感じになっております。こういった現象が起きる理由はハッキリしてませんが、ビタミンDにはドーパミンやノルエピネフリンといった活力系のホルモンの効きを良くする作用がありまして、そのおかげじゃないかと考えられてたり。


ほかにも、酸化ダメージもうつ病の大きな原因のひとつなんで、グルタチオンの量が増えると自然とメンタルも落ち着いていくのかも。とにかくビタミンDはいろんな作用を持ってるんで、原因がハッキリつきとめにくいんですよね。


いずれにせよ、ビタミンDがメンタルにもアンチエイジングにも必須なのは間違いなし。さすがに実験と同じレベルを飲むのはやり過ぎだと思いますが、1日に1,000〜3,000IUぐらいは補給しておきたいところです。


それ以上の量を摂るばあいは、いっしょにビタミンK2を飲むといい感じ。ビタミンDの摂り過ぎによるカルシウムの急上昇を防げるかと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. こんばんは。良い記事、ありがとうございます。

    被験者の数が40人と少ないのが気になりますが良い結果ですね。私もビタミンDは多くの良い効果を持ち有用に違いないと思っています。どのくらいまでサプリで摂って良いのかが少し悩ましい点です。がん治療なら一か八かの勝負ですから毎日1万国際単位でも怖くないですが、そうでない場合は4,000IU辺りで試して、体調が少しでも悪くなったら2,000か3,000位に減らしてみるとか。(私の場合、ビタミンK2は毎日納豆を食べているので摂りすぎかも。笑)

    でも否定派もいるようで、例えば、検証の結果ビタミンDはがんに対しては効果がないとする血液がんの抗がん剤治療を専門にする内科医さんのブログもあります。福田一典医師のブログ記事に逐一反論の記事が上がっているので勉強にはなります。科学的にしっかりした決定的な研究が無いと、否定派から「有効性が確認できない」といわれ続けるような気がします。「石原藤樹のブログ」の2016-03-18の記事「ビタミンDのサプリメントの膝関節症に対する効果」も否定的な研究結果。万能ではないので効かない場合もあるに決まっていますが。

    返信削除
  2. 補足(ビタミンDサプリに効果なしの論文の質について)

    ビタミンDサプリメントに病気の予防効果なしの結論を出した最近の研究で有名なのは、2014年のオークランド大学の次のものでしょう。

    The effect of vitamin D supplementation on skeletal, vascular, or cancer outcomes; a trial sequential meta-analysis  (Lancet Diabetes Endocrinol 2014;2:307-20, doi:10.1016/S2213-8587(13)70212-2)

    しかし原論文をチェックしてみるとトンデモ論文でした。総被験者数は40,292人で各人に平均でわずか824IU/日しかビタミンD剤を与えていませんでした。(掲載されている40の研究の数値から荷重平均を表計算ソフトで計算しました。数値の入力が面倒でしたが。複数の数値が書いてあり意味不明のIU数は平均値を使用。)

    すでに適正なビタミンDの摂取量が3,000IU/日前後であると判明しているのに、古い論文ばかり集めて故意に無効と結論付けたとしか思えません。こんなものが著名雑誌に載るのですね。昔の基準値の800IUが正しいと仮定している点がおかしいのに、権威ある雑誌に載ると皆さんビタミンDは効かないと信じてしまいます。こういうインチキに対抗するにはものごとを自分の頭で批判的に考える力が不可欠ですね。

    なお、メルクマニュアル18版日本語版のビタミンDの中毒症についての記述では「成人では,数カ月にわたって2500μg(100,000IU)/日服用すれば,中毒症を生じることがある」とのことです。10万国際単位を毎日数ヵ月間摂取して「生じることがある」というくらい危険性が低いので、4000前後は安全と思えますが、体質によっては何らかの不具合が出る可能性があります。

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS