Loading...

グーグル研究「飲み物とお菓子を遠ざけるだけで不健康な間食が減らせる!」

Google 485

 

飲み物の場所を近づけると不健康な食事の量が69%も増える

グーグル社が「太りたくなきゃドリンクを遠ざけろ!」って実験(1)をやってて、ちょっとおもしろかったです。

 

 

これはグーグル社がセントジョセフ大学に頼んで実現した研究で、「従業員にヘルシーな間食をさせるにはどうすりゃいいの?」って疑問について調べたもの。Googleのニューヨークオフィスを実験場に使ったらしい。

 

 

実験デザインはシンプルで、

 

  1. グーグル社内のスナック置き場に、大量のチョコやナッツ類を置いておく
  2. スナック置き場から1.8メートルの場所にドリンクバーを設置
  3. もうひとつ、スナック置き場から5.5メートルの場所に別のドリンクバーを設置

 

みたいな感じ。そのうえで、400名の従業員たちの動きをすべて記録していったところ、

 

  • スナック置き場に近いドリンクバーを使った従業員は、遠いドリンクバーを使った従業員にくらべて、お菓子を食べる量が69%もはね上がった
  • ドリンクバーの影響は男性よりも女性のほうが大きい。男性の影響度は50%で女性は25%

 

って結果だったらしい。飲み物の場所を近づけるだけで、不健康な食事の量が69%も増えるってのはすごいですなぁ。

 



ドリンクを遠ざけるだけで不健康な間食が減らせる

研究者のおおまかな推計によれば、

 

  • 体重81キロの男性が1日3回ずつドリンクを飲む場合
    • 年間に81回ぶん余計な間食の量が増える
    • その結果、1年で1.1キロの体脂肪が増える計算になる

 

ってことだそうな。ドリンクの位置だけでも、1年にすると1キロ超の増量につながっちゃうわけですな。

 

 

研究者いわく、

 

今回の結果は、ドリンクとスナックの距離を離すだけでも、従業員やその家族のスナック消費量を減らせることを示している。簡単で安上がりで、副作用はなにもない。

 

 とのこと。ドリンクがお菓子に手を伸ばす心理的なトリガーになってるから、できるだけスナックから遠ざければ、自然と不健康な間食の量も減るって話ですね。こないだ紹介した「自分の家が『太りやすい環境』になってないかをチェックする100のリスト」にもあったとおり、不健康なものはできるだけ遠ざけておくに限りますなー。

 

 

ちなみに、過去にもグーグルはいろんな実験をやってまして、ちょっと前には「お菓子は透明な容器に入れないほうがいいよ」(2)とか「野菜クイズを出したら従業員が野菜をいっぱい食べたよ」(3)とか、おもしろい成果を出しております。エラいもんですなぁ。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS