Loading...

「幸せになるぞ!」と思ってメンタルを病んじゃう3つのパターン

Burnout

 

幸福を高めようとして燃えつき症候群に

ポジティブ心理学系のポッドキャスト(1)を聞いてたら、「幸せを追っかけすぎて燃え尽きちゃうことってあるよね〜」みたいな話をしてて、激しく共感しておりました。

 

 

語り手はポジティブ心理学者のルイス・アローロさんで、近ごろは、幸福度を高めようとしてがんばってる人が、燃えつき症候群にかかっちゃうケースが多いんだそうな。

 

 

確かに、わたしの周りを見ても、「好きなことだけして生きる!」とか「情熱を持った人生を送ろう!」みたいなことを言ってる人ほど、実は日々のストレスを抱えてたり、鬱っぽくなってたりするケースが多い印象ではあります。で、やがて急に音信不通になったりとか。

 



 

幸福を求めてメンタルを病む3パターン

この問題が起きる原因について、アローロさんは以下の3つをあげております。

 

 

1.幸福に取りつかれるパターン

「好きなことだけして生きる!」が「好きなことだけして生きねば!」になったり、「情熱を持った人生を!」が「情熱がない俺はダメだ!」みたいになっていく状態。幸福の追求が義務になっちゃうわけですな。

 

 

いったんこうなると、逆に「好きなこと」と「情熱」に人生を支配されるようになり、やがて気持ちが燃え尽きていく次第であります(2)。また、幸福に取りつかれた人は、他人に対しても「君も好きなことだけして生きたまえ!」とか言い出すので、人間関係が壊れやすくなるのも原因のひとつではないか、と。わかるわー。

 

 

2.他人との比較にこだわるパターン

「幸せになるぞ!」と思うのは悪いことじゃないですが、あまりにこだわりすぎると、他人との比較が始まっちゃうのが難点。たとえば、他人とくらべて「俺はまだ好きなように生きてない!」とか「情熱が足りてない!」とか思い出して、鬱状態が加速していくわけですな。

 

 

以前にも書いたとおり、「他人との比較」は、人間の幸福感を損ねやすい原因のひとつ。多くの研究により、他人と自分を比べる時間が長い人ほど、不幸が加速しやすいことがわかっております。

 

 

そもそも、現代のネット社会では、そこらじゅうに「俺は好きなことだけして生きてるぜ!」アピールがあふれております。それをヘタに信じてしまうと、自分のメンタルがやられていくばかりでしょう。

 

 

3.退屈を「悪」とみなすようになるパターン

「幸福だ!」「情熱だ!」と意気込むあまり、退屈な状態を許せなくなっちゃうパターン。近年の研究(1)では、退屈な時間がないと、人間は内省する時間を得られないため、逆に不幸になってしまうことがわかっております。

 

 

特に、いっつも「ワクワクする人生を!」とか言ってると、つねに頭がドーパミンでバッキバキになるんで、やがて脳がショートしていくわけであります。どんなときも、適度な退屈は必須。

 

 

まとめ

 というわけで、幸福感を追いすぎて燃え尽きちゃう3つのケースでした。確かにポジティブ心理学は重要な学問ではあるものの、あんま一般人が「幸福」に取りつかれるのもよくないってことですな。わたしも気をつけないと…。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。