Loading...

週40分で内臓脂肪が25%も減る「高回転HIIT」メソッド

HIIT25

  

週40分で内臓脂肪が25%減! 
  • たった週40分のエクササイズで内臓脂肪が25%も減少!
  • しかもカロリー制限なし!

 

というインチキ広告みたいな論文(1)が近ごろ出まして、マユツバでチェックしたら、なかなか使えそうな内容でありました。

 

 

これはフランスのブレーズ・パスカル大学による実験で、参加者は平均年齢69才の女性が17人。みんな太りぎみ(BMI30オーバー)で、糖尿をわずらっている人だけに絞ったみたい。

 



 

ポイントは「高回転」のHIIT

で、実験では、全員を以下の2つにわけました。

 

  1. マイルドエクササイズグループ
  2. 高回転HIITグループ

 

マイルドエクササイズは、予備心拍数(最大心拍数-安静時心拍数)の55〜60%ぐらいで、40分ほどエアロバイクをこぐというもの。呼吸が乱れて、軽い会話ぐらいしかできないぐらいのキツさですかね。

 

 

いっぽうで、高回転HIITグループは、とても短いスパンでHIITをやるというもの。「HIITってなに?」という方は、「いまさら聞けない『HIIT』超入門」などをどうぞー。

 

 

高回転HIITがどういうものかというと、

 

  1. 最大心拍数の77〜85%のキツさで、8秒だけ全力でエアロバイクをこぐ
  2. 12秒の休憩
  3. 1−2のステップを60回くり返す

 

みたいな感じで、すべてを終えると20分になります。通常のHIITよりも、かなりスパンが短いですねー。

 

 

HIITを20分もやると聞くとビビっちゃいますが、全力を出す時間が8秒だけなんで、意外と取り組みやすいのかも。実際、70代のご老人が完走できてるわけですからねぇ。

 

 

腹回りと内臓脂肪が大きく減った

さて、以上のトレーニングメニューを、それぞれ週に2回のペースでやってもらったところ、16週間後には以下のような結果が出ました。

 

Hiit25

 

グラフのポイントとしては、

 

  • マイルドなエクササイズは、16週間やっても何の変化もない
  • 高回転HIITは、全体の体脂肪には大きな変化はないものの、腹まわりと内臓脂肪をガッツリ減らしている
  • とくに内臓脂肪にいたっては25%も減っている!

 

って感じです。

 

 

言わずもがな、内臓脂肪は、全身の炎症を引き起こす「悪い体脂肪」の代表例。まったくカロリー制限をせずに、内臓脂肪がこれだけ減るのはすばらしいですねぇ。

 

 

実際、この実験でも、高回転HIITグループは、内臓脂肪が減ったおかげで、中性脂肪や糖尿のマーカーも大幅に改善しております。週40分だけの運動効果としては、かなり良いのではないかと。

 

 

まとめ

もちろん、この実験は、肥満&糖尿ぎみの参加者を対象にしてるんで、普通より効果が出やすいってのはありましょう。とはいえ、

 

  • ダラダラと有酸素運動をするよりは高回転HIITのほうがいい
  • 高回転で行うので、ほかのメソッドにくらべて実行がラクそう(負荷も80%ぐらいでいいみたいだし)

 

 ってのは大きな利点だと思われます。わたしも、近ごろはタバタ式に飽きてきたんで、このメソッドは取り入れてみようかな…。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS