Loading...

ガンコな脂肪を燃やすための4ステップ:「部分やせ」はどこまで可能か?#3

Bodyfat2

  

というわけで、「部分やせ」について考えるシリーズの3回めです。

 

 

ガンコな脂肪の燃焼スイッチをオンにするには?

前回の話をざっくりまとめると、

 

  • 特定のパーツを集中的に痩せさせるのは無理!
  • でも、他より減りにくい「ガンコな脂肪」を燃やすことはできる!

 

といったところ。では、「ガンコな脂肪」を燃やすにはどうすればいいかというと、

 

  1. アドレナリンを増やす:アドレナリンがないと、脂肪分解のスイッチがオンにならない
  2. ガンコな脂肪の血行をよくする:血のめぐりが悪いと、アドレナリンが脂肪分解のスイッチまで届かない

 

って感じです。ガンコな脂肪は燃焼スイッチが入りにくいんで、意識してオンにしてやるのは可能なわけですね。

 



 

ガンコ脂肪を燃やすための4ステップ

では、具体的にどうすればいいの?って話ですが、この問題については、「アルティメット・ダイエット2.0」(最強の筋トレメソッド)の開発者であるライル・マクドナルド博士が、ナイスな解決策を提案してくださっております(1)。

 

 

これは、「いかにガンコな脂肪を落とすか?」に特化したメソッドで、生理学的な知見をベースに、脂肪の燃焼スイッチを素早くオンにする方法について考えたもの。おそらく、現時点ではもっとも信頼に足る手法になってるかと思います。

 

  

ステップ1.プチ断食

手始めに、まずはプチ断食を行います。そもそも、食事を絶ってからしばらく経たないと、カラダが脂肪を燃やすモードに入らないですからね。

 

 

プチ断食の長さは。「科学的に痩せる「プチ断食」超入門」を参考に、好きな時間を設定してただければOKです。まぁ、断食の時間が長くなりすぎると筋肉も減り始めちゃうんで、まずは8時間ダイエットから始めるのがいいのではないかと。

 

 

だいたい最後の食事から12〜16時間もすれば、ガンコな脂肪を燃やすために最適なモードに入っていくかと思います。

 

  

ステップ2.サプリを投入

カラダが脂肪の燃焼モードに入ったところで、空腹状態のまま、さらにいくつかのサプリを追加します。具体的には、

 

  • ヨヒンビン 1,500〜3,000mg
  • カフェイン 100〜200mg
  • チロシン 500mg

 

の3つを使いましょう。それぞれのサプリについて、ざっと説明しておくと、

 

  • ヨヒンビン精力アップとして有名なサプリですが、同時にガンコな脂肪の燃焼スイッチをオンにしやすい働きを持つ。
  • カフェイン:ホスホジエステラーゼって酵素の働きをブロックし、脂肪燃焼をアップさせる効果がかなり実証されている。脂肪細胞から脂肪酸をリリースする作用が大きい。

 

みたいな感じです。どのサプリも、脂肪燃焼スイッチに働く作用を持ってるわけですね。

  

 

ステップ3.HIITを追加

ステップ2まで進むと、たいていの人は体内にアドレナリンが分泌されまくり、脂肪が燃える準備が整っているはず。ここで、さらにHIITを行い、全身の血のめぐりをガツンとあげていきましょう。

 

 

HIITは短時間で一気に負荷をあげるエクササイズで、当然ながら血行も激しくよくなります。具体的な方法は以下をどうぞ。

 

 

これにより、体内のアドレナリンが一気にガンコな脂肪まで送り込まれ、脂肪の燃焼スイッチをオンにしてくれます。

 

 

ステップ4.早歩きを続ける

ステップ3まで終われば、ガンコな脂肪の燃焼スイッチは完全にオンになっております。

 

 

が、ここで食事をしちゃうと、再びスイッチがオフになってしまうので要注意。せっかくオンになったスイッチを活用すべく、ここからさらにカロリーを使っていきます。

 

 

といっても、この段階では、時速6〜7キロぐらいの早歩きでOK。続ければ続けるほど脂肪は減ってきますが、やり過ぎるとオーバーワークになりかねないんで、1時間ぐらいで止めておくといいでしょう。

 

 

ガンコ脂肪燃焼メソッドの注意点

ガンコな脂肪を燃やす科学的なテクニックは以上です。が、おわかりのとおり、空腹状態で激しい運動をしなきゃならないので、かなりツラいです。

 

 

わたしも実験で1カ月ほど試したことがありましたが、トレーニングが終わったあとの消耗感はハンパじゃありません。短期的なテクニックとしてはアリでしょうが、毎日の習慣にするようなもんじゃないのでお気をつけください。

 

 

また、アドレナリンのせいで妙にテンションがあがるため、ついオーバーワークになりがちなのも難しいところ。以前もオーバーワークの恐ろしさについて書きましたが、それないのリスクはあるなーという印象です。

 

 

また、なにより注意して欲しいのは、このメソッドは、「すでに体脂肪が少ない人」が使うべきテクニックだってところです。男性で体脂肪が12〜14%、女性で20〜22%ぐらいの人が、「もっと筋ばったカラダにしたい!」ってときに使うのがベストでしょう。

 

 

それよりも体脂肪が多い場合は、別にこのメソッドを使わなくても、パレオダイエットなどを実践してれば普通に痩せます、全体的に体脂肪が多いのにガンコな脂肪を燃やそうとするのは、労多くして功少なしですんで。

 

 

まとめ

そんなわけで、ガンコな脂肪を燃やすための科学メソッドを見てみました。おそらく、「部分やせ」の問題に関しては、これが現時点で最強の方法じゃないかと思います。

 

 

が、ここで取り上げた方法のほかにも、いくつか見込みがありそうなメソッドはありますんで、次回はそのへんを見ていこうかと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. 部分痩せは出来ないというのはわかっていたので、ブロクのトップの写真から、私にも出来るかも、と期待していたのですが、中年のおばさんの頑固な腹の脂肪を落とす、というのには当てはまりませんね。残念。最近諦め始めて、パレオ(私はPrimal寄りですが。)から脱線していたので、改めて真剣に取り組もうと心しました。
    このUD 2.0、ざっと見てきたのですが、食事療法も含めて、もうプロの域ですね。
    ここまでセルフコントロールが出来るのは素晴らしい。

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS