Loading...

努力せずにすぐ「仕事がデキるヤツ」になる方法

Office

 

仕事の生産性は隣に座る人で決まる

 「仕事の能力は伝染する!」って調査(1)がおもしろかったんでメモ。

 

 

これはハーバード大の研究で、約2,000人のオフィスワーカーを対象にしたもの。大きなテクノロジー系企業に勤めている人だけを選んで、2年にわたって全員の「働きぶり」をチェックしたらしい。

 

 



 

 

2000人の生産性をチェックしたら…

具体的にどんなデータを集めたかというと、

 

  • 仕事上のポジションの変化
  • 仕事への熱心さ
  • 職場のどこで働いているか
  • ひとつのタスクをこなすのに使った時間
  • ひとつのタスクをこなすのに、自分の力だけでやりとげたかどうか
  • 顧客の満足度

 

みたいな感じ。各社員の生産性をチェックしたうえで、「誰の隣で働くか?」がどれだけパフォーマンスに影響するかを確かめたわけですな。労作ですねぇ。

 

 

生産性の10%は隣に座る人で決まる

で、まず論文では労働者を3つのタイプにわけております。

 

  1. 生産屋:とにかく大量の仕事をこなすが質にはこだわらない。全体の25%
  2. 品質屋:品質の向上に時間を使うが、そのぶん仕事量は少ない。全体の25%
  3. 平均屋:生産屋と品質屋のまんなかぐらい。質も量も平均的。全体の50%

 

そのうえで、誰の隣で働くといいのかというと、

 

  • 生産屋と品質屋が隣あって座ると生産性が17%、効率が17%上がる
  • 平均屋と組ませた場合でも、それなりに生産性は上がる
  • 生産性の向上は、座席を変えたらすぐに表れる
  • 同じタイプの労働者が隣に座っても、そんなに影響はない
  • ネガティブなヤツが隣に座ると生産性は超下がる(これは当たり前ですな)

 

といったところ。とにかくヒトの仕事ぶろは隣に座る人に強く影響され、平均すると生産性の10%が「隣人の影響」に左右されてるそうな。ひとことで言えば、「デキる人になりたきゃデキる人の隣に座れ!」ってことですな。

 

 

とにかく人間は隣の人に影響されやすい

似たような話はいろいろありまして、

 

 

 などなど。ヒトは社会的な生物なんで、とにかく周囲の人の影響を受けやすいんですよね。よく「人生を変えたきゃ友人を変えよう」などと言いますが、やっぱ正しいアドバイスなんでしょうな。

 

 

隣がネガティブな人だったらどうする?

といっても、隣が嫌な人でもすぐに環境を変えられないケースも多いでしょうから、その場合は、

 

 

などでしのいでいくしかないかなぁ、と。簡単に言えば「メタ認知を鍛えて観察者の視点でものごとを見よう!」みたいな話です。もちろん時間はかかりますが、自分のメンタルに「観察者の機能」が備わると、いろいろと人生がラクになるのでオススメです。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。