Loading...

「睡眠不足でどこまで脳は衰えるか?」を10,886人で調べたら何が分かったか?


 

睡眠に関する研究は無数にあるわけですが、「世界最大」と呼ばれる調査(R)が発表されておりました。どんぐらい規模が大きいのかと言いますと、

 

  • 平均年齢42歳弱の18歳から100歳までの10,886人を対象にしている
  • 参加者の大半は英国、カナダ、米国だが、インド、オーストラリア、ニュージーランド、パキスタンなども混ざっている
  • 全員の睡眠時間はもちろん、うつや不安を経験した頻度なども調べている
  • ついでに、短期記憶、問題解決力、注意力、コミュニケーション能力などの認知機能の変化も調べてる

 

って感じでして、確かに「睡眠とパフォーマンス」の調査としてはかなりのもんですな。

 

 

でもって、こんだけ規模が大きいといろんなことがわかるんですけど、ここでは個人的に大事だと思ったポイントだけまとめときます。具体的には以下のような感じ。

 

  • 頭がもっとも働くのは睡眠時間が7~8時間におさまった時である:認知テストの結果を見ると、もっともパフォーマンスがよかったのは毎日7~8時間の睡眠を取ってる人だったそうな。特に影響が大きいのは推論能力や言語能力で、逆に短期記憶にはそこまでの影響が見られなかったらしい。

 

  • 睡眠時間が7~8時間より多くても少なくても頭は働かなくなる:睡眠時間は多くても少なくても良くないらしく、7時間未満または8時間以上の場合は、どちらもほどんと同じぐらい認知に悪影響を与えるとのこと。過眠については睡眠障害が影響してる可能性もありますんで、くれぐれもご注意ください

 

  • 一晩良い睡眠をとるだけでも大きな違いが生まれる:良いニュースとしては、たった一晩の睡眠時間を増やすだけでも認知能力は向上させることができる。多くのテストでは、普段は十分な睡眠が取れていない人たちが一晩の睡眠時間を7〜8時間の範囲内に増やすと、翌日の認知パフォーマンスが向上したと報告されている。

 

  • とはいえ慢性的な不眠は脳をガンガンに劣化させる:毎晩4時間ぐらいしか寝ていないぐらい重度の睡眠不足だった場合は、脳のパフォーマンスを10年近く「老化」させてしまう。また、一晩だけでも睡眠不足になると、アルツハイマー病の原因となる有害なタンパク質のレベルが上昇するという証拠がある。

 

  • 睡眠はあらゆる年齢の脳機能に影響を与える:18歳だろうが100歳だろうが、どの年齢でも同じように認知には悪影響がある。結局のところ、どの年齢でも認知機能に最適なのは7〜8時間の睡眠時間だった。なので、睡眠時間が短くなりがちなお年寄りは特に注意が必要

 

まー、睡眠不足が脳に良くないのはわかってましたけど、10年分ぐらい脳が衰えちゃうと聞くと、あらためてよく寝ようと思いますね。

 

 

もちろん、最適な睡眠時間には個人差があるだろうし、この研究には70歳以上の参加者がほとんどふくまれてないんで(269人)、高齢者への影響については結論がズレてる可能性もあるかなーという感じではあります。が、とりあえずどんな年齢だろうが「1日7~8時間の睡眠」が脳を健やかに保つスイートスポットである可能性は高そうなんで、よろしくどうぞ。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item