Loading...

よく眠るためには「よく眠れた!」と思い込むだけでOKだった



本物の薬だ!」と思い込むことで、ニセの薬が本当に効いちゃうプラセボ効果。腹痛や下痢など、いろんなとこでその効果が実証されてますが、新しく「プラセボ効果は睡眠不足にも効く!」って研究が出ておりました。

参考:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24417326



実験したのはコロラド大学。被験者の頭にセンサーを着けて「他の人よりレム睡眠の数値が良かったよ!」とウソを伝えたところ、その被験者は「いつもよりスッキリ眠れた」と報告したほか、その後に行われた認知テストの点数もよくなったらしい。「よく眠れた」と思い込むだけで、実際に認知機能まで上がっちゃうんですねぇ。うーん、すごい。



この結果を日常生活に活かすならば、「睡眠に良いと思ったことは何でもやってみたらええやん」って感じでしょうか。「寝る前に本を読む」でも「牛乳を飲む」でも「メラトニンを摂る」でも何でもいいので、とりあえず睡眠に良いと言われているものを試してみれば、最低でもプラセボ効果は得られるわけですからね。



ちなみに、当ブログでも過去に睡眠の質を上げる方法についていろいろと書いておりますので、よろしければ合わせてご参照ください。



参考:


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。