Loading...

意志の力で性格は変えられるのか?

Personality

 

意志の力で性格は変えられる!」と主張する実験(1)がおもしろいのでメモ。

 

 

これはイリノイ大学の研究で、対象は151人の学生たち。全員に性格テストを受けてもらったうえで、その後16週間の経過をみたんですね。



 

 

すると、明確に「性格を変えたい!」という意志があった学生ほど、その後で性格テストの結果が変わり、実際の行動にも変化が出ていたとか。たとえば「社交的になりたい!」と思っていた学生は、ちゃんと友人を食事にさそったり、パーティに参加したりしていたわけですね。

 

 

また、研究者いわく、この際に「実行意図」という心理テクを使うと、望ましい行動を取る確率が格段にアップしたとか。これは特に難しい方法ではなくて、以前に紹介した「if-thenプランニング」と同じものです。

 

 

簡単に言えば、

 

  • もしXが起きたらYをやる 


という形で、あらかじめ実践したい行動を紙かなんかに書いておけばOK。実にシンプルですが、これだけで実際に先延ばしや怠け癖がかなり改善するとのデータが出ております

 

 

ここで気になるのは、「本当に性格が改善したと言えるの?」ってとこですが、実際のビッグファイブテストでは、誠実性や外向性に変化が出ていたとか。望ましい行動の回数が増やしたら、本当に性格に違いで出たわけですな。

 

 

まぁこれは16週間のデータなので、性格の変化がどこまで持続するのかは不明。研究者は「望みさえすれば性格は変わるのだ!」と言い切ってるんですが、そのへんはどうなんでしょうね。

 

 

もっとも、ハーバードのブライアン・リトル博士も「性格が変えられないなら、行動を変えればいいじゃない」と言ってますし、実際に「if-thenプランニング」の効果があらためて確認されたのはありがたいところ。ちなみに、このあたりのテクニックをさらに洗練させた「WOOP」って手法もありまして、こちらも合わせてご参照いただければ幸いです。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。