Loading...

コミュ障を治したいなら薬よりも認知療法だ!みたいな話

Therapy

 

社交不安を効率よく正すには?

コミュ障には薬よりも認知療法だ!」って論文(1)がおもしろかったでメモ。

 

 

これはノルウェー大学の実験で102人の男女を対象にしたもの。社交不安障害に悩んでいる人だけを集めたみたい。

 

 

社交不安障害ってのは、その名のとおりコミュニケーションを必要以上に恐れちゃって、

 

  • 初めての人との会話
  • 結婚式の受付で文字を書く
  • 人が多いパーティに出席

 

みたいな状況で緊張と不安に襲われまくる症状であります。私も軽度の社交不安があるんで、この感覚はよくわかります(かなりマシになりましたが)。

 



 

 

メタ認知療法と抗うつ薬の効果をくらべた

実験では、参加者を4つのグループにわけたんですね。

 

  1. メタ認知療法だけを行う
  2. メタ認知療法+抗うつ薬を飲む(パキシル)
  3. パキシルだけを飲む
  4. ニセ薬を飲む

 

「メタ認知療法」ってのは認知療法の派生バージョンで、患者さんの思考や反応、信念などをメタ認知で徹底的に分析していく方法であります。ACTやスキーマ療法とならんで成績が良いテクニックでして、そのうち詳しい話を書くかも。

 

 

1年が経つと認知療法の効果がデカくなる

実験期間は24週間で、治療が終わった直後と1年後に結果を調べたところ、

 

  • 治療が終わった時点では、「認知療法だけ」または「認知療法+抗うつ薬」のグループが、抗うつ薬だけのグループよりも成績が良かった
  • ところが治療から1年後の再検査では、「認知療法だけ」の治癒率がもっとも高かった(68%)。ちなみに「認知療法+抗うつ薬」は44%で、抗うつ薬だけだと24%、ニセ薬は4%

 

みたいな感じだったそうな。年が過ぎるほど、認知療法だけを徹底したグループのほうが成果が出るんだ、と。おもしろいですねぇ。

 

 

魚の釣り方を教えよ 

なんでこういう結果が出たかと言いますと、 

 

患者のなかには、薬物治療だけに頼ってしまい、認知的な治療に重きをおかないケースが少なくない。薬さえ飲めば健康になれると思っているのだ。

(中略)

薬による治療は、患者にとって大事な体験をカモフラージュしてしまう。ちゃんとしたテクニックを学ぶことで、誰でも不安を自分でコントロールできるようになるのだ。

 

とのこと。薬を出されると、それに頼り切りになっちゃって、自分のマイナス面に対処する方法を学ばなくなっていくんだ、と。 なんだか「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」って格言を思い出しますね(笑)

 

 

念のためですが、この研究者も薬を否定してるわけじゃありません。深刻な社交不安障害は死につながるケースもあるんで、そんなときに抗うつ薬を使うのは十分にアリ。あくまで薬に依存させるなって話です。

 

 

そんなわけで、「他人と話すのが怖い!」とか「パーティに行けない!」みたいな方は、まず「自動思考キャッチトレーニング」から始めてみるのをオススメします。すべての認知療法の基礎になるトレーニングですんで、ダマされたと思って1カ月ぐらい試すのが吉。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. 私も社会不安の傾向があるのでついついこのブログで紹介されているサプリに頼りがちです。
    面倒くさがらずに認知行動療法ちゃんと学ばないとダメですねー。

    返信削除
  2. 現在鈴木さんのブログの影響でマインドフルネスとACTを学んでおります。
    メタ認知療法も気になります!記事が楽しみです。
    あと関係ない話なのですがパレオダイエット的に虫歯にならない、治す方法ってありましたけど
    パレオダイエット的に歯を白くする方法ってあるんですか?原住民って歯が綺麗だなと思ったので…何と無く疑問に感じております。

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS