Loading...

体のあらゆるダメージを修復する「BPC-157」は夢のサプリか?

Bpc 

BPCは 夢のサプリなのか?

BPC-157どうですか?」みたいなご質問をチラホラいただくようになりまして。特に筋トレ好きの方からの関心が高いみたい。

 

 

なんだか暗号みたいな名前ですが、BPC-157は近ごろ「夢のサプリじゃないの?」と言われてる成分。BPCは「身体保護化合物(Body Protection Compounds)」の略で、もともとは胃のなかにあるタンパク質から合成したもので、自然界には存在しておりません。いかにも凄そうなムードをかもし出してますねぇ。



BPCで筋肉の損傷が治りまくり

なんでここまでBPC-157がもてはやされているかと言うと、とにかくマウス実験の結果が凄いから。例えば2010年の実験(1)だと、筋肉に傷をつけたマウスにBPC-157を注射したら、14日には以下の画像のような違いが出たんですね。 

Bpc

上がBPCを使ってないマウスの筋組織で、下がBPCを使ったマウスの筋組織になります。いやー、ビックリするぐらい色合いが違いますねぇ。筋トレ好きがウホウホするのもわかります。

 

 

BPCであらゆるダメージが治る

が、BPC157の凄さはこれだけじゃありませんで、

 

  • 腸内環境が激しく改善!:マウスにBPCを飲ませたらIBSが激しく良くなったとか(2007年,2)
  • じん帯や腱の損傷が復活!:マウスにBPCを注射したら、じん帯や腱の傷が治ったそうな(2010年,3)
  • 鎮痛剤による損傷が復旧!:BPCを注射したマウスの脳や肝臓のダメージが改善したらしい(2013年,4)

 

などなど。とにかく、体のあらゆるダメージを修復してくれるかもしんないわけですな。マウス実験とはいえ、これだけの効果が出てる物質も珍しいかと思います。

 

 

ただし現時点では問題が山積み

もっとも、現時点ではいろいろと問題がありまして、

 

  • マウス実験しかない上に、実験の資金提供がBPCを作ってるメーカーだったりする
  • 特許性が低いので、ヒトの臨床試験がまったく進まない(お金になりにくいので大企業が手を出さないから)

 

ってところで事態が難航しております。マウス実験だと凄い成果を残してるんで、かなり気になる物質なんですけどねー。

 

 

それでも試したい!という方は、海外サイトで5mgのBPC157が44ドルで手に入りますんで、個人で輸入するしかないでしょうね。マウス実験の結果から換算すると、だいたい体重1kgあたり1.6μgを摂るのがよさげ。まぁ現時点では危険すぎるんで、ガチのビルダーさんぐらいしか手を出さないでしょうけど…。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。