Loading...

タンパク質の酸化を抑えるためのスパイス活用入門

Spice

 

こないだ「タンパク質の酸化問題」について書きまして、最後には「良い鶏肉真空低温調理で食べるのが最強!」って結論に落ち着いたわけですが、大事なことを忘れておりました。

 

 

タンパク質の酸化を防ぐ方法としては、もうひとつスパイスとかハーブ系もかなり優秀なんですよ。

 



 

スパイスでタンパク質の酸化は半分に減らせる

この件で有名なのは2010年の実験(1)で、バーガーのパテにいろんなスパイスを振ったうえで冷蔵庫に保存。そのうえで、どれだけ酸化が防げるかを確かめたんですね。

 

 

すると、12日後の結果がどうだったかというと、

 

  • スパイスを使わないパテにくらべて、スパイスを振ったパテの酸化は50%以下だった

 

 みたいな感じ。軽くスパイスを振って保存しておくだけで、酸化を半分にまで減らせるわけですな。

 

 

特に、スパイスを使わない肉は、8日目ぐらいから急激に酸化が進んだんですけど、スパイスを使った場合は12日目にもほぼ同じレベルを保ってたそうな。保存期間が長くなればなるるほど、スパイスのご利益は大きくなっていくみたいですね。

 

 

タンパク質酸化に効く9つのスパイス

ちなみに、この実験ではケルセチンやローズヒップを使ってるんですけど、2008年の研究(2)だと、他にもいろいろと効果の高いスパイスが特定されております。 具体的には、以下が代表的なところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

というわけで、プロテイン酸化に効果が高いスパイスでした。シンプリーオーガニック社の商品が多いですが、これは単に私が愛用しているブランドだからなので、もちろん他のメーカーでも構いません。このなかだと、やっぱガーリックやジンジャーが使いやすいでしょうね。

 

 

 つまり、最強のプロテイン酸化対策とは、

 

  1. 肉にガーリックパウダーなどをもみこむ
  2. スパイスを振った肉を真空パックに
  3. 低温調理で肉に火を通す

 

 って感じになりましょうか。さっそくやってみるべー。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。