Loading...

効果が高い抗うつ剤トップ5、効果が低い抗うつ剤ワースト5

Drug

 

どの抗鬱剤がベストなのか?

抗うつ剤ってどこまで効くの?」って問題については賛否があって、全体の5割ぐらいにしか意味がないんじゃないの? みたいに言われてるわけです。なんせ鬱病の原因がまだはっきりしてないんで、その効果もあいまいにならざるを得ないんですな。

 

 

そんな状況下、「結局どの抗鬱剤がベストなのか確かめたぞ!」って論文(1)がランセットに出まして、非常にいい感じです。

 

 

これはロンドン大学の研究で、過去に行われた抗鬱剤の実験から質が高い522件をまとめたもの。116477人のデータをもとに、21種類の抗鬱剤から「もっとも効くのは何なの?」ってところを徹底的に調べたメタ分析になっております。この手の研究は初でして、ようやく信頼性が高いまとめが出てきたのはありがたいっすね。

 



もっとも効果的な抗鬱剤トップ5

で、まずは大きな結論からいうと、

 

  • すべての抗鬱剤には、少なくともプラシーボ以上の効果があった

 

って結論です。とりあえずは、どれを飲んでも何も使わないよりはマシなのだ、と。抗鬱剤の効果は個人差が大きいんで「飲んでおけば間違いない!」とは言えないものの、とりあえずはホッとする結論じゃないかと。

 

 

それでは、なかでも高い効果が確認された成分が何かと言えば、

 

  • アミトリプチリン(トリプタノール、ラントロンなど)
  • アゴメラチン(Valdoxanなど)
  • エスシタロプラム(レクサプロなど)
  • ミルタザピン(レメロン、リフレックスなど)
  • パロキセチン(パキシルなど)←ただし副作用の発生率も高い

 

みたいな感じ。意外と昔ながらの成分も多いですね。

 

 

あんま効果がない抗鬱剤ワースト5

続いて、もっとも効果が低いことがわかったのが、

 

  • フルオキセチン(プロザックなど)
  • フルボキサミン(ルボックス、デプロメールなど)
  • レボキセチン ←まったく効果がないとするメタ分析もある(2)
  • トラゾドン(デジレルなど)

 

だったそうな。ここら辺は割と納得のラインナップと言いますか。

 

 

ってことで、抗鬱剤の効果の違いは以上ですが、この研究はいくつかの注意点がありまして、

 

  • あくまで大鬱病への効果しか調べてないんで、不安とかでも同じなのかは不明
  • 新発売の薬ほどプラシーボ効果が出やすいので、新しい抗鬱剤ほど効果が大きく出てる可能性はある
  • たいていの実験は8週間ぐらいなんで、長期的にはどうなのかは不明

 

といったところ。あくまで参考までにって感じでお願いします。

 

 

研究者いわく、

 

抗鬱剤の利用は、ときどきネガティブな行為だとみなされたり、他のセラピーが効かなかったときだけに使うものだと思われたりする。しかし、そのような考え方は、メンタルヘルスの問題にとって不幸なことだ。

 

とのこと。もちろん認知行動療法などとの併用は必要でしょうが、あんま辛いようだったら、今回のデータをもとに試してみるのが基地。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「パレオダイエットの教科書」と「服用危険」って本が発売中です。