search

ビタミンBのサプリをいますぐ捨てたくなる怖い観察研究の話

Vitamin

こないだの本でも「ビタミンBのサプリはやめときなはれ」みたいな話を書いたんですが、そこらへんに関するデータ(1)をもうひとつご紹介しときます。


これはオハイオ州立大学の実験で、ざっくり言っちゃうと「ビタミンBのサプリで肺がんリスクが上がるよ!」って結論を出した恐るべき研究であります。怖いですねぇ。

どんな調査かと言いますと、まずはVITALってデータセットから77,000人分を抜き出したんですな。これは、2004年にスタートしたコホート研究で、ビタミンやミネラルのサプリと癌の発症率をずーっと調べてくれてる重要なデータであります。


この研究で注目したのは、ビタミンB6、B12、B9の3つ。いずれも「葉酸-メチオニン代謝系」をとおして「癌にかかわってるんじゃない?」と昔から考えられてきたんですよ。


研究の参加者は50〜76歳の男女で、普段からどれぐらいビタミンBのサプリを使っているかをチェックし、その後の十数年でどのような違いが出たかをみております。もちろん、年齢、教育レベル、体型、癌家系かどうかは調整ずみ。


その結果がどうだったかと言いますと、

  • ビタミンB6とB12を飲んでると肺がんリスクが30〜40%上がる!(ただし男性のみ)

だったそうな。うーん、なかなか衝撃的な数字になってますな。女性ではリスクの上昇がなかったのが不思議っすね。


さらに、具体的にどれぐらい飲むとヤバいのかと言いますと、

  • ビタミンB6=1日20mg以上だとリスクが82%上昇
  • ビタミンB12=1日55mcg以上だとリスクが98%上昇

って感じ。これぐらいを10年ぐらい飲み続けてると、激しく肺がんリスクが上がっちゃうわけですな。マルチビタミンを定期的に飲んでる人なんかも注意したほうがよさげですな。


ついでに、ビタミンBはタバコの害をブーストさせる作用もあるようで、

  • 喫煙者がビタミンB6とB12を飲むと肺がんリスクが3倍に!

なんて結論にもなってたり。怖すぎますな。


もちろん、これは観察研究なんで、必ずしも「ビタミンBサプリで癌になる!」ってのを証明したわけじゃございません。ただし、過去の研究でも「ビタミンBサプリがDNAの働きに悪影響なんじゃない?」ってメカニズムはわりと立証されてまして、やっぱヤメておくにこしたことはないのではないかと。


ちなみに、ビタミンBはエナジードリンクにもよく入ってるんで、そこらへんもご注意ください。結局、ビタミンBは食事からとるのがベスト!といういつもの結論でございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item