search

猫が「人生の質」を激しくあげてくれる3つの科学的な理由

Cat

 

こないだ読んでおもしろかった猫はこうして地球を征服した」では、「猫を飼うと幸せになれるかもしれないけど、犬ほど確定的じゃないよねー」みたいな論調だったわけです。ヒトへの順応性が高い犬にくらべて、猫はイマイチじゃないの?みたいな。

 

 

が、個人的には、この部分を読んで「そんなこともないだろー」と思うわけです。確かに犬よりも研究例は少ないものの、近ごろは「猫と幸福感」のデータも増えてきたものですから。

 

 

ってことで、ここでは猫好きの方に向けて、「いかに猫が幸福と健康に寄与するか?」を示したデータをまとめておきます。もちろん私は猫派なのでバイアスがあるとは思いますが、そこらへんはご容赦ください(笑)

 

 

1   猫とストレス低減効果

第一にストレスについては2002年にニューヨーク州立大学が検証(1)を行なってたりします。これは120組の夫婦を対処にした調査で、どんなデザインかと言うと、

 

  1. 参加者にストレスを与える(氷水に手を2分ほど浸けさせたり、難しい暗算を解かせたりとか)
  2. その後、参加者を「1人で部屋にいる」か「自分がかってる猫と部屋にいる」か「パートナーと部屋にいる」の3パターンに分ける

 

みたいな感じです。それでどんな違いが出たかと言いますと、

 

  • そもそも、猫を飼ってる人は、ストレスを受ける前から血圧と心拍数が低い傾向があった
  • ストレスを与えられている最中も、猫を飼ってる人は「これはストレスではなくてチャレンジなのだ!」と考える傾向があった
  • 猫を飼ってる人は暗算のエラーも少なかった
  • タスクを終えてから猫と過ごした人は、もっとも速く落ち着きを取り戻し、ストレスからの回復も早かった

 

ってことで、猫を飼ってる人はもとからリラックス度が高く、ストレス耐性も高いのではないか、と。まぁ猫が遊んでるとこを見て緊張する人は少ないでしょうからね。

 

 

2   猫と幸福感

 

続いては聖ヨゼフ病院の研究(2)で、こちらは猫を飼ってる男女92人と、猫を飼ってない男女70人を対象にしております。

 

 

研究では、それぞれの健康状態、人生の満足度、日中の不安度などを調べて、両グループにどんな差が出たかをチェック。そこでどんな違いが確認されたかと言いますと、

 

  • 猫を飼ってるグループは……
    • 日中の幸福感が高い!
    • 人生の質も高い!
    • 自信のレベルも高い!
    • 不安になりにくい!
    • 集中力も高い!

 

って感じだったそうな。うーん、この差はすごい。

 

 

さらに、2017年には2262人の子供を対象にした研究(3)も行われてまして、こちらでは、

 

  • 飼ってる猫と仲が良い子供ほど……
    • 人生の質が高い!
    • 主観的な健康レベルが高い!
    • 思いやりがある!
    • 活動的!

 

って結果だったんですな。猫は子供の情操教育にもいいんだ、と(もちろん、このデータでは犬も同じぐらいの結果が出ているので、犬派の方もご安心ください)。

 

 

3   猫と健康

 

猫はこうして地球を征服した」ではトキソプラズマ(寄生虫)の問題に触れられていて、確かにこれは猫のダークサイドのひとつであります。

 

 

が、いっぽうでは「猫は健康にいい!」ってデータ(4)もあったりします。これはミネソタ大学の研究で、4,435人のアメリカ人を13年にわたって追跡した健康調査がベースになっております。このうち2,435人が猫を飼っていて、残りはペットを飼った経験がない人たちだったそうな。

 

 

でもって、すべてのデータをまとめたところ、

 

  • 猫を飼っているグループは心疾患で死ぬリスクが30%も低い!

 

って結果だったんですな。ペットが体にいいってのは昔から言われてますが、30%ってのはかなりの数値っすなもちろん、この調査では、血圧、コレステロール、喫煙習慣、肥満度などは調整されております。

 

 

もうひとつ、ケンブリッジ大学が行なった実験(5)も面白くて、猫を飼い始めたばかりの男女24人を10ヶ月にわたって追跡した調査になっております。全員に対して健康調査をしたところ、

 

  • 猫を飼い出してから1ヶ月で頭痛、腰痛、風邪の発症率が減った!

 

というんですね。これまた猫のストレス低減効果が大きいのかもしれんですなぁ。

 

 

まとめ

ってことで、まだまだ「間違いない!」と言えるようなレベルじゃないものの、やっぱ猫も犬も人生の質をあげてくれそうだよなーとは思うわけでです。さて、ウチの猫をもふもふするか……。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

ABOUT

自分の写真
サイエンスジャーナリストをたしなんでおります。主な著作は「最高の体調」「科学的な適職」「不老長寿メソッド」「無(最高の状態)」など。「パレオチャンネル」(https://ch.nicovideo.jp/paleo)「パレオな商品開発室」(http://cores-ec.site/paleo/)もやってます。さらに詳しいプロフィールは、以下のリンクからどうぞ。