Loading...

プチ断食で現代病のリスクがガッツリ減って健康に!はどこまで本当か?

Th 8cbd08a2054cd53bb901e366da701c27 l

 

当ブログでおなじみの食事法といえば「プチ断食」であります。

 

 

あらかじめ決めたタイミングで食事をしつつ、最大で24時間までの空腹期間を作るテクニックのことで、最近も「普通のカロリー制限より体重が減りやすいよー」なんてメタ分析が出ておりました。もちろん劇的な違いが出るわけじゃないんですが、普通にカロリーを削るよりはラクでいいんじゃないか、と。

 

 

でもって、さらに近ごろよく言われるのが「プチ断食ってほかにもいろんなメリットがあるんじゃない?」って話です。たんに体重が減るだけじゃなくて、糖代謝やらコレステロールが改善した!ってデータもちらほら出てるもんですから。

 

 

が、ここにはちょっとした議論がありまして、「プチ断食の健康メリットってどこから得られるの?」って問題については、まだまだよくわからないんですな。つまり、プチ断食で健康になれるのは、

 

  • たんに総摂取カロリーが減ったからなの?
  • 断続的に空腹の期間を作ったからなの?
  • 体型が改善したからなの?

 

ってところはよくわからないわけです。なかなか難しい問題ですなぁ。

 

 

ってことで、新しく出たデータ(R)では、「なぜプチ断食は健康に効くのか?というか、そもそも本当にダイエット以外のメリットがあるのか?」って問題を調べてくれていてナイスでした。

 

 

これはアデレード大学などの調査で、被験者は79人の女性(35〜70歳)。平均BMIは32なんで結構な肥満体の人だけを対象にしたみたい。

 

 

実験では、全体を4つのグループに分けております。

 

  1. IF70=週に3日だけ24時間の断食を行い、1週間の食事量を維持カロリーの70%にする(断食日は連続しないようにする)
  2. IF100=週に3日だけ24時間の断食を行い、1週間の食事量を維持カロリーの100%にする
  3. DR70=週の維持カロリーの70%ぐらいの食事を毎日続ける
  4. コントロール群=普通に食べる

 

「維持カロリー」ってのは現在の体重をキープするために必要な食事量のことで、この数字を下まわれば確実に痩せていくわけですね。

 

 

念のために書いとくとIFは「プチ断食」のことで、週に3日だけ完全に何も口にしない日を作るという、なかなかハードな手法になっております。リーンゲインズなどと比べると、精神的にはややきつそうな感じですな。

 

 

実験期間は8週間で、全体にどんな変化が起きたのかと言いますと、

 

  • 体型の変化
    • IF70グループがもっとも体重が減った(-5.4kg)。IF100グループは、IF70ほどではないもののDR70より体重が減った。筋肉の減少量についてはすべてのグループで同じだった

 

  • 糖代謝と脂質代謝の変化
    • インスリン抵抗性は、コントロール群をのぞくすべてのグループで同じように改善した(ただしプチ断食グループは、空腹期間に一時的にインスリン抵抗性が悪化している)
    • 糖代謝と脂質代謝については、IF70グループがもっとも改善していた

 

だったそうな。どうやらプチ断食をしたグループは、毎日のカロリー制限よりも自然と食事量が減り、トータルで全身に良い結果が出たみたい。つまり、以上の話をまとめると、

 

  • プチ断食で健康メリットが得られるのは、なんだかんだでカロリーが減ったからっぽい
  • プチ断食のほうが自動的に摂取カロリーが減るため、糖代謝や脂質代謝にも良い影響が得られる
  • ただしインスリン抵抗性については、もうちょいリサーチが必要だと思われる

 

みたいになりますかね。まぁ「プチ断食でガンガン健康になれる!」って言うほどの数値は出てないものの、肥満にお悩みの方が健康をとりもどす一助にはなりましょう。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item