Loading...

血管がカチカチになる症状をビタミンKのサプリでサプリで予防できるのか?のメタ分析が出たぞー

 

このブログでたまに取り上げるサプリに、ビタミンKってのがあります。


わりと地味な扱いをされることの多い成分ですが、血液の循環に大きく関わっていて、血管の健康を保つには欠かせないビタミンのひとつ。いくつかのデータでは、ビタミンKによって血管の石灰化や硬化が防げる可能性が言われてまして、アンチエイジングの視点から見ても不足が起きないようにしたいところです。


で、新しい研究(R)では、「ビタミンKのサプリで心疾患リスクは減るか?」って問題をがっつり調べてくれておりました。

 
これは過去のビタミンK研究から、血管の石灰化や硬化について調べた11件を抜き出してまとめたものです。サンプルサイズは24〜452人の範囲で散らばっていて、研究期間は3〜36カ月のあいだ。ビタミンK2の用量は1日90〜15,000μgになっております。


また、この研究では14件の観察研究も調べてて、こちらのサンプルサイズは107〜3,389人。調査期間は1.9〜 14.1年のあいだで、血中のビタミンK不足と心疾患リスクの関係性をチェックしてくれております。


では、この膨大な研究で何がわかったかと言いますと、

  • ビタミンKサプリを飲むと血管の石灰化リスクが9%減る!( 95% CI -17.8 to -0.52%)さらに、ビタミンKの効果に個人差はほとんどない!

  • ついでに血管の硬化についてはリスクが4%減る!(95%CI -7.77 to +0.37%) ただし統計的に有意ではなく、個人差が見受けられた

  • ビタミンKの種類(K1とK2)、用量、試用期間による効果の差は確認されなかった

みたいな感じでして、とりあえずビタミンKが足りない人は、サプリで心疾患のリスクを減らせそうであります。


この結論は観察研究でも支持されてて、

  • ビタミンK不足が大きくなるほど、心疾患で死ぬ確率が高まる!

といった傾向が出てたりします。やっぱビタミンKと血管の健康は密接につながってるんだなーという印象ですね。


そんなわけで、人間ドックなどで血管の硬さを指摘されたような方は、ビタミンKを飲んでみるのもいいのかも。ただし、この研究だけだと「どれぐらいビタミンKを飲めばいいの?」ってところはよくわからんのですが、いまんとこ定番の用量(R)としては、

  • 男性は1日120mcg!
  • 女性は1日90mcg!

ぐらいになってますんで、そこらへんを守れば十分。まぁこれぐらいなら普通に納豆とかを食べてもまかなえますので、サプリを使うまでもないかもしれません。


ちなみに、現在では血管がカチカチになってないかどうかを調べる方法もいくつかありますんで(CTとかエコーグラフとか)、気になる方は病院でチェックしてみるといい感じです。どうぞよしなに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item