search

牛肉で心疾患リスクは上がるの?って問題のメタ分析が出てましたよー

 

肉って体にいいの悪いの?って問題は昔からよく言われてまして、このブログでも、

 

 

みたいな話をいろいろと書いてきました。とりあえずいまのとこ言えるのは、

 

  • 加工肉が体に悪いのはほぼ確定だろう
  • レッドミートはちょっと体に悪いのかも?

 

ぐらいのとこでして、まぁ全体的には天然の肉には罪はないのでは?って感じがしております。ちなみに、レッドミートってのは海外のお肉の分類法で、牛肉や羊肉のような色味が赤いものを指しております。

 

 

でもって、新しく出た研究(R)も「レッドミートと健康」に関するものです。

 

 

これはハーバード大学メタ分析で、過去の研究から36件のRCTをまとめたうえで、

 

  • レッドミートって心疾患のリスクは上昇するの?

 

ってところを調べてくれております。牛肉や羊の肉を食べると、ほかのタンパク源よりもコレステロールが上がったり、血圧や血糖値が悪化したりするのか?って問題ですね。観察研究なんかでは、昔から「レッドミートをよく食べてる人は心臓病で死にやすい」って結果が出てたりもするんで、わりと重要なポイントではないかと。

 

 

まずは全体のデータの内訳を申し上げますと、

 

  • 参加者の数は全部で1,803人
  • 実験期間は2〜36週間(平均8.5週間)
  • 実験中のレッドミート消費量は1日46.5〜500g

 

って感じで、中性脂肪や血圧といった心疾患リスクにどんな変化が出るのかを見たそうな。なかなか質が高い研究でよろしいのではないでしょうか。

 

 

でもって、どんな結果が出たかと言いますと、

 

  • 牛肉や羊肉を食べても心疾患リスクは(ほぼ)上がらない!

 

だったそうな。「ほぼ」ってただし書きをつけたのは、ちょっとだけ問題が起きるパラメーターもあるからです。たとえば、

 

  • レッドミートが少ない食事法に比べると、中性脂肪は6.0 mg/dL (0.065 mmol/L) ほど上がる

 

ってとこだけは影響があるみたいなんですよね。といっても騒ぐような数値じゃないですし、逆に総コレステロールは-3.0 mg/dL ほど減る傾向があるみたいですし、血圧にはなんの変化も出てないみたいなんで、まぁ問題なさそうだなーって結論ですね。

 

 

もちろん、この結論はあくまで「牛肉などで心疾患リスクは変わるか?」ってとこを調べただけなんで、まだ「レッドミートで心疾患にならない」と決まったわけじゃないんでご注意ください。とはいえ、研究はすべてRCTだしサンプル数も多いしで、良いデータなのは間違いないです。

 

 

とりあえず、このデータを見る限り「牛肉で血中の脂質が悪化するってことはなさそうだなー」とは言えそう。肉好きにはありがたい結論じゃないでしょうか。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

ABOUT

自分の写真
サイエンスジャーナリストをたしなんでおります。主な著作は「最高の体調」「科学的な適職」「不老長寿メソッド」「無(最高の状態)」など。「パレオチャンネル」(https://ch.nicovideo.jp/paleo)「パレオな商品開発室」(http://cores-ec.site/paleo/)もやってます。さらに詳しいプロフィールは、以下のリンクからどうぞ。