search

体重計で毎日体重を測るべきなのか問題について真面目に考える日が来たようだな


  

「体重計を使うべきか問題」について、ご質問をいただきました。

 

体重計の使用についてどう思われますか?ダイエット系のブログを読むと、体重計は毎日使ったほうがいいという人と、体重計など使わないほうがいいという人がいて、判断できません!

 

これは確かにダイエット界隈でも両極の意見が出がちなトピックかと思います。ざっくり両サイドの考え方をまとめると、

 

  • 体重計賛成派:毎日体重を測ると体型の変化に意識が無くからよいのだ!
  • 体重計反対派:毎日体重を測ると体型の変化が気になって逆に太るのだ!

 

みたいになります。まー、どちらも一理ありそうな感じはしますね。

 

ただ、いまんとこの調査を見てると、”原則としては”体重計の賛成派に有利なデータが多くて、有名なものとしては2015年の実験では、太り気味な男女47名にダイエットを指示したところ、毎日体重を計測した人たちのほうが半年で平均6.1kgも体重が減ったんだそうな。これは結構な差ですよねぇ。

 

 

また別のテスト(R)でも、「体重に限らず食事のセルグモニタリングは長期的な減量に役立つよ!」って結論でして、やっぱ自分の生活を客観的に把握するのは大事なんだろうなーとか思うわけです。

 

 

が、だからといって「体重計の完全勝利!」って話ではなく、やっぱ一部には体重計の測定が逆効果になる人もいるんだろうなーとは思うわけです。いくつか例をあげますと、

 

  • 生まれつき体重が平均より重めになる人:遺伝とかのせいで体重が標準値に当てはまらない人の場合、体重を計測することで「自分は異常だ!」と思って、日々の体重変動を必要以上に気にしちゃうことになりやすい

 

  • 自分の価値を体重に預けすぎてる人:「美容体重こそ正義!」「肥満に価値なし!」みたいなノリの人が毎日体重を測ってると、日々の体重変動に一喜一憂しすぎてストレスが増え、逆に体型が悪化してしまうケースはいくつか報告されている

 

  • 筋肉がめちゃくちゃ多い人:筋肉が多いせいでBMIが高めに出やすい人(私もBMI24ぐらいなので割とギリ)は、体重計の数値を見て「ずいぶん体重増えたな……」とか惑わされがち

 

  • 女性のほうがわりと体重計でダメージを受けがちかも:2013年の報告(R)では、女性の場合、体重を測る回数が多くなるほど、体重に対するこだわりや不安などが大きくなると報告されている。これは女性のほうが見た目へのプレッシャーが大きいからだと思われる。

    ちなみに、男性はその逆パターンが多く、体重を測る回数が多くなるほど、身体満足度や健康・フィットネス志向が高い傾向がある。

 

  • 若者はわりと体重計でダメージを受けがちかも:若年成人(平均年齢18.7歳、86%が女性)を対象にしたテスト(R)では、体重を測る回数が多くなるほど体重が増えやすい傾向が見られた。この傾向は、特に暴飲暴食をする人に多かった。

 

という感じでして、特定の人には体重計測が逆効果になることもあるよなーって感じです。全体的に見れば、「スリムな体こそ正義だ!」という思考にとらわれている人ほど体重計は悪さをしがちかもしれないっすね。

 

 

じゃあどうすればいいのか?ってことですけど、私の考え方としましては、

 

  • 健康的な体重になりたいのが目標なら基本的には体重計は使う:「腹が出てきたから痩せないとなー」とか「健康のために痩せないとなー」ぐらいの意識で減量に挑む方は、体重計は毎日使ったほうが吉。できれば、その体重の変動をちゃんと記録できればなおよし。健康体重に達したあとも、できれば計測は続けるほうがいいかも。

 

  • さらに見た目の問題にこだわりはじめたら体重計はやめる:いったん健康的な体重を達成したり、トレーニングで筋肉の量が増えたりすると、体重計のメリットは必然的に低下していきます(体重に見た目は反映されないから)。なので、ここからは”主観”で判断するほうが吉。具体的には、「パレオダイエットの教科書」に「見た目で自分の体型を判断しよう!」ってのを書いてますんで、そこらへんを参考にしてください。

 

ぐらいになりますね。いったん健康的な体重を達成したら、そこからは体重計の判断があんま当てにならなくなっちゃうので、そこからは「鏡に映る自分をどう思うか?」を基準してくださいませ。結局はそれがベストな判断法なので。

 

 

ただ、ここで難しいポイントとしては、

 

  • ボディイメージが歪んでる人は主観の判断がねじれる!

 

って問題があるとこでしょうね。「ダイエットの効果を300%も高める超重要ポイントはこれだ!みたいな話」にも書いたように、自分の体に対して否定的なイメージが強い人は、必要以上に痩せた体型を求めたり、必要以上にマッチョな体型を求めたりしやすいんですよ。

 


わりと最近の研究(R)では、自分の体重や外見に不満を持っている人は神経症傾向が高く、恐怖を感じやすいって話でして、これじゃあストレスで逆効果になりかねませんからねぇ。ボディイメージのゆがみ問題は原因の特定が難しいんですけど、

 

  • 過去に体型のことでからかわれた
  • テレビはSNSの利用がやたらと多い

 

といったあたりがよく言われることっすね。このような心理的な要因がある場合は、そもそも体重計を使うかどうかを考えるより前に対処しないといけませんので、

 

 

などをおすすめしておきます。どうぞよしなにー。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item