Loading...

イライラせずに痩せたいならTDEEを計算しておいたほうがいい

Tdee


iPhoneのダイエットアプリなどで「1日の摂取カロリー」を計算すると、「1,300Kcal以内におさえましょう」といった指示が出て絶望的な気分になることがよくあります(笑)。




この数字は、おもに1日の基礎代謝をベースに出したもので、制限量を守れば間違いなく痩せますが、たいていの場合は失敗に終わります。摂取カロリーが少なくなりすぎるせいでセットポイント(つねに一定の体重を保とうとする脳の仕組み)が働いて痩せにくくなるし、なにより腹が減りまくってストレスがたまっちゃう。


そこで計算しておきたいのがTDEE。基礎代謝で消費するカロリーに身体活動(運動のほかにも、家事や通勤といった活動全般)を加えた数字でして、ここから200〜300Kcalを引いたカロリーを目指して食べれば、セットポイントを上手くだましつつストレスフリーで体重を落とせるわけであります。


ただし、TDEEの計算はかなり面倒なんで、「TDEE Calculator」を使うのがおすすめ。


使い方は簡単で、最初に右上の「Metric」にチェックを入れて、それぞれの項目を以下のように入力すればOK。

  • GENDER:性別
  • AGE:年齢
  • HEIGHT:身長
  • WEIGHT:体重
  • FORMULA:体脂肪がわからないときは「Mifflin-St Jeor」を、体脂肪がわかるときは「Katch-McCardle」を選択
  • EXERCISE LEVEL: 週の運動量を選択。特に何もしていないときは「No exercise」。



 で、おおまかな推定値が出ます。この数字をベースに毎日の摂取カロリーを決めれば、さほどツラい食事制限をしなくても、ストレスなく痩せていくはず。お試しあれ〜。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。