Loading...

食品とタバコにふくまれるカドミウムで老化が激しく進む

Smoke

 ジョージワシントン大学が「カドミウムで老化が激しく進むよ!」って研究(1)を発表していたのでメモ。


これは、アメリカ全国健康栄養調査のデータを使って、6,700人の血液と尿のサンプルを調べたもの。すると、血液中のカドミウムが多い人は、実年齢よりも細胞が11才も老けていたんだそうな。


カドミウムは重金属の一種で、食品などにふくまれる物質。ごく微量でも副腎疲労症候群」の原因になりまして、疲労・不眠・老化などを引き起こしちゃうんですね。


カドミウムが細胞を老化させる理由は、DNAにダメージを与えるから。なんでも、カドミウムの摂取量が多い人は、テロメアの長さが6%ほど短かったんだそうな。


テロメアは、染色体の端っこを守る保護キャップみたいなもので、こいつが短くなるほど細胞の老化が進んじゃう。その対策としては、瞑想やヨガスタンディングデスクメラトニンなどが、テロメアを伸ばす効果があると言われております。


また、日本人のカドミウム摂取量に関しては、厚労省の「『食品に含まれるカドミウム』に関するQ&A」が非常に参考になるところ。ざっくり言えば、

  • とにかくタバコのカドミウム量がハンパない
  • あとは玄米のカドミウム量がちょっと多め


 といった感じ。タバコを止めるのは当たり前として、玄米の影響もちょっと心配ではあります。


もちろん、食品のカドミウムには規制が入ってますんで、健康面での心配はないわけですが、アンチエイジング的にどうなのかはよくわからないところ。ジョージワシントン大学の研究者いわく、

この研究では、低レベルのカドミウムでもテロメアが短くなることが明らかになった。(中略)もっとも汚染度の高かった人でさえ、血液中のカドミウム量は非常に少ない。この結果は、

どんな微量の重金属でも安全とは言えない

ことを示している。


とのことで、なかなか不安がらせてくれます。個人的には過度に心配してもしょうがないと思いますが、副流煙の影響を吸い込むことが多い方や、玄米の摂取量が多い方などは、有害金属検査を試してみるのもいいかもですね。


credit: Ferran. via FindCC


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。