Loading...

反応がいちいち大げさになっちゃう「ドラマ欲求」性格を判断するための12の質問

Needdrama

 

 

 人生を現実よりドラマチックにしたがる性格

知り合いに、つねに何かのトラブルを抱えている人がおります。気がつくと骨にヒビが入ってたり、親族が病気になってたり、彼氏にふられてたり、得意先とモメてたり。

 

 

話してみると悪い人じゃないんですが、なぜかいつも軽い問題が起きてるんですね。これはなんだろうなー?と思ってたら、ズバリな論文(1)が出ておりました。

 

 

これはテキサス大の研究で、「ドラマ欲求(Need for Drama)」について調べたもの。その名のとおり、人生を現実よりドラマチックにしたがる性格のことであります。

 

 

劇場型パーソナリティ障害ほど深刻ではないものの、「ドラマ欲求」が強いと、上記のようにムダなトラブルを引き起こしがちなんだとか。研究者いわく、

 

ドラマ欲求が強い人は、家族や友人、会社の同僚などに不自然な迷惑をかけ、人生が不要に混沌としてしまう。

 

おそらく、ほとんどの人は「ドラマ欲求」が高い人に心当たりがあるだろう。

 

とのこと。さらに具体的には、ドラマ欲求は以下の3つの要素にもとづいているんだそうな。

 

  1. 無意識に他人を操ろうとする:「急に風邪を引いちゃって〜」などと言って相手の同情を誘おうとしたりとか。
  2. 思ったことをすぐ口に出す:空気を読まずに「そういうのは嫌い!」などと口ばしって、周囲を微妙な雰囲気にしたりとか。
  3. 被害者ヅラをする:平凡な家庭で育ったのに「ウチの両親はサイアクだったから…」などと本気で思い込んでいたりとか。

 

確かに、人生で一度は必ず出会うタイプのキャラですなー。



 

 

 

ドラマ欲求レベルを計るための12の質問

この「ドラマ欲求」を調べるために、研究者は500名のボランティアを招集。さまざまな質問を重ねて、精度が高い質問を絞り込んだんですね。

 

 

それが、以下の12問であります。それぞれの質問に対して、

 

  1. まったく当てはまらない
  2. 当てはまらない
  3. あまり当てはまらない
  4. どちらでもない
  5. やや当てはまる
  6. 当てはまる
  7. とてもよく当てはまる

 

の7段階で点数をつけていけばOK。

 

 

▼自分の「ドラマ欲求」を判断するための質問

  1. 他人を怒らせるのが楽しいときがある
  2. 他人の気を引くために誰かの悪口を言うことがある。
  3. 他人の反応を見るためだけに何かをしたり、何かを言うことがある。
  4. 自分の目的を達成するために、わざと他人に反対することがある。
  5. 思ったことはすぐに言葉に出す。
  6. 言いたいことを言い過ぎて失敗したことがある。
  7. 自分の意見を発表せずにはいられない。
  8. 友だちだと思っていた人に裏切られたことがある。
  9. 他人から陰口をたたかれることがよくある。
  10. なぜ自分には変なことばかり起きるのだろう?と不思議に思う。
  11. 自分のことを批判しようと必死な人が多いと感じる。
  12. 自分は多くの人に誤解されている。

 

 

▼採点方法

すべての点数を合計したら、全体の平均は以下のようになります。

 

  • 12〜16点:ドラマ欲求はほぼゼロ。そのまま平穏にお暮らしください。
  • 17〜33点:ドラマ欲求は少なめ。健やかです。
  • 34〜50点:ちょうど平均ぐらい。まだまだ健全です。
  • 51〜68点:ドラマ欲求高め。周囲に迷惑をかけてないか意識してみるといいかも。
  • 69点以上:バリバリのドラマ欲求。

 

研究者いわく、ドラマ欲求はビッグファイブとも大きな関係がありまして、

 

  • ドラマ欲求が高いほど…
    • 誠実性が低い!
    • 調和性が低い!
    • 自信もない!

 

って傾向があったそうな。なかなか難儀なキャラですねぇ。

 

 

まあ「誠実性」に関してはセルフコントロール能力の訓練で改善できると思いますんで、心当たりのある方は「定番の意志力トレーニング法まとめ」などを試すとよいかもしれません。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。