Loading...

子供を作ると本当に幸せになれるのか?問題

Waaah

 

 

子供を作ると本当になれるのか?問題

結婚も6年めになると、親戚の家に行くたびに「子供はまだなの?」と聞かれたり、友人から「子供はいいぞー」とか言われるわけです。

 

 

が、個人的にはイマイチ子供を作る気にならず、その理由は自分でも不明。子供は好きなんですけどねぇ。

 

 

ってことで、たまに「子供を作ると本当に幸せになれるのか?」って疑問について検索をかけたりしてたんですが、いざ調べてみるとあらビックリ。ほとんどの研究は「子供を作っても幸福になれない!」って結論でして、なかには「逆に子供を作ると不幸に!」みたいな結論も少なくないもんですから。

 

 

たとえば有名なのは2003年の論文(1)で、子作りと人生の満足度の関係を調べたもの。過去に行われた97件のデータをまとめたメタ分析になってまして、科学的な信頼性はかなり高めになっております。

 



 

子供を作ると結婚の満足度は低くなる

そこでどんな結果が出たかというと、

 

  • 子供がいる人は、子供がいない人にくらべて結婚の満足度が低い(d = −.19)
  • 子供による満足の低下は、男性より女性のほうが大きい
  • 子供の数が増えるほど結婚の満足度は下がる傾向があった

 

 みたいな感じ。子供で幸福になるどころか、逆に満足度が下がる結果になっております。

 

 

もちろん、そこまでガツンと満足度が下がってるわけじゃないですし、一部には「子供で幸福度アップ!」みたいな論文(2)もあるものの、大半のデータは子作りに不利な結果がメイン。ほかにも「子育てはメンタルヘルスを損なう」(3)とか「子供で幸福度が下がる」(4)みたいな話もありまして、少なくとも「子供はいいぞー!」と手放しで言えるような状況じゃないですねぇ。

 

 

子供を作って満足度が下がる理由とは?

こういった現象が起きる理由には諸説ありますけども、

 

  • 子供ができると家庭内での男女の役割が変わり、それがストレスになるから
  • 子供のせいで自由が制限されるから
  • 子供がいるので性生活に支障が出るから
  • なんせ子育てには金がかかるから

 

みたいな説が提唱されておりました。どれも納得と言いますか。

 

 

ちなみに、統計ではこういう結果が出てるにも関わらず、なんで「子供はいいぞー」って意見のほうが優勢なのかというと、「明日の幸せを科学する」で有名なダニエル・ギルバート博士の意見(5)がおもしろかったです。

 

「自分を本当に幸せにしてくれるもの」について、多くの人間は間違った考え方に固執しがちだ。皮肉にも、この勘違いには進化的な必然性がある。子供を作っても本当は幸せになれないことに気づいてしまった種族を想像して欲しい。そんな種族は、間違いなく絶滅するだろう。人間の遺伝と文化は、タッグを組んで「本当に幸せをもたらすもの」を隠しているのだ。

 

 本当は子供を作っても幸せになれないんだけど、それじゃあ種族が繁栄しないから、「子作りは幸せだ!」と勘違いできる遺伝子だけが生き残ったんだ、と。なかなかせちがらい説ですねー。

 

 

そんなわけで、今後は「子供を作ったほうがいいぞ」とか言われたら、「それは勘違いで進化論的には…」と答えるようにすると嫌われちゃうので、いままでと同じく笑顔でやり過ごすことにします(笑)


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. この記事を読ませていただきましたが 一言。
    この記事では子供を作った時の幸福度が少ないという統計の研究を紹介してるわけですよね?
    にもかかわらず
    「子供はいいぞー」って意見のほうが優勢
    とは一体どういうことなのでしょうか?
    統計では「子供はいいぞー」って意見のほうが少数なのに
    優勢というのは矛盾してるのではないのでしょうか?
    優勢というのはそちらの主観的な領域において優勢ということなのではないのでしょうか?
    あと加えて言えば「子供はいいぞ」という意見があることに対して
    ダニエル博士の意見を載せてますがあまりに抽象的な気もします。
    個人的には
    この研究はあくまで幸福度の全体を測った研究ですから
    「子供はいいぞ」という人はいかなる時に子供はいいと思い
    いかなる時に子供によって幸福度が減るかということを調べたほうがいいんじゃないかと思います。
    そのほうが進化学的にも有意義ですし(なぜ子供が与える幸福が子供が奪う幸福よりも印象深く多く語られるのか?ということの解明という意味で)
    この研究はあくまでそれらを総合して足し引きしたら普通よりも幸福度が低かったとしか示していませんし。
    まあ人によって
    全体の幸福度の足し引きで出たのが幸福度こそ幸福の指標と考える人もいれば
    全体の幸福度の量よりも幸福の印象深さや数を幸福と見なす人もいるわけですから
    個人的には子供がどうのなんてどうでもよかったりするのですが

    返信削除
  2. suzukiさんはこの記事を見る限りどちらかといえば子供がいると言ってもまだ小さな子の家庭の方が
    親戚におられるんじゃないんでしょうか?
    あくまで予想ですが。
    個人的には子供を持てば幸福度が減るっていうのは自明なんじゃないかなぁと思いますよ。
    だって子供を持てばお金がかかることが悩みというより
    お金の管理に頭を悩ませ
    反抗期に頭を悩ませ
    常日頃から子供の安全を気遣い
    そして頑張って育てたと思ったら娘が嫁に行くのを断腸の思いで見届ける父親、母親
    これで逆に幸福度の総合が高ければ逆に気持ち悪いですよ!
    というか実験ももう少し低いと思ったくらいです。
    それでも子供を作りたいという何かを挙げるとすればそれは進化の過程で生まれた
    幸福以外の本能的な何かだと個人的には思ったりもします。

    返信削除
  3. あともう一つ疑問に思ったことがあったのですが
    ダニエル博士の意見について
    ダニエル博士は遺伝と文化(言い換えれば環境)が本当に幸せにするものを隠している
    と言っていますが
    そもそも人間の幸せは遺伝と環境によって決められるものだと思いますし
    遺伝と環境によって子供を持つことが幸せだと勘違いしてるのならそれはもう幸福ではないのですか?...とここまで言ったところで矛盾点が出てきます
    統計で子供を持つことは幸福度が上がらないという結果が出ているのなら
    そもそも遺伝と環境によって子供を持つことは幸せだと勘違いするという意見がおかしくなります。
    なぜなら遺伝と環境によって子供を持つことは幸福だと本当に勘違いさせられてるなら
    幸福度が統計でも上がってるはずです。
    遺伝と環境によって幸福度が決められるのですから。
    まあ遺伝と環境以外の幸福の因子を持って来ればまた話は別なんでしょうが

    返信削除
  4. こういう説は本当に好きですね~。科学の容赦ない感じといいますか(笑)個人的にも自由が制限される事が厳しいので子供がほしいとは思えないですね。

    返信削除
  5. ダニエル・ギルバートの説に補足すれば
    ・子供との交流と他の家事や友達と出かけることなどの幸福度にはさして違いはない
    ・上にプラスして子供によって生活に支障が出るために幸福度が少し下がる
    みたいな感じでしょうか

    返信削除
  6. 自由が制限される&お金がかかるについては、それを補える財力があるならとくにデメリットにならないのでは?と思うです。
    このアンケートの対象者の年齢や経済状況が不明なので一概に言えないのでは?と思います。

    返信削除
  7. まあ平均しての話なので
    財力の違いで分けてみたらそれはそれで面白いですね。

    返信削除
  8. 「子供はいいぞ」ってのが必ずしも「子供を作れば幸福になれる」という意味だとは限らないと思いますよ。

    子供が生きがいとなるという意味かもしれませんし とある不妊治療をしてる知人になぜ子供が欲しいのか話を聞けば「自分にもよくわからない」と言ってましたし

    筆者様も「ダイエットはいいぞ」という時その意味するところは「ダイエットをすれば幸福になれる」だけなのでしょうか?ダイエットをしても幸福量が減るという記事を見ててそう思ったので
    そこらへんは筆者様にご意見いただきたいです。

    とりあえず言いたいことをまとめるとそもそも幸福のためだけが人間にとって全てなのか?ということです。

    幸せになれないのに本能に従ってもそんなことは愚かだ
    という意見もわからないこともないですが
    潔く本能に従うのも一つの手だと思うのです。

    返信削除
  9. この研究結果には諸手を挙げて大賛成です。子供を持つことがこんなに幸福度を下げるとは知らなかったので産んでしまいましたが、自分の感情は表に出さないようにして、我が子というよりは一人の人として対しながら大切に子育てしています。だって私自身だって「おまえはいらない子」なんて言われて生きるのは嫌ですもん。ですが子育ての実態を知った以上、二人目以降なんて選択肢はありえません。
    子供を持って幸福だと言い張る人々の何割かは本当にそうなのでしょう。でもそれ以外の人々は幸福以外の何か(プライドとか将来への保険とか)を求めて子供を持つのだと思っています。世の中に不幸な家庭(不幸な親の作り出す環境)で育てられてる子供達がこれほど大勢いる現実があるのに、単純に「子供はイイぞ」と強要できる人の気が知れません。特に、親を名乗りながら子育ての現場には関わっていない男性などが言うのを聞くと本当に腹立たしいです。

    返信削除
  10. 子供に限らずペットでも同じことが言えそうですね。

    私も父親なのですが、子供に対して怒ったり我慢したり面倒だと思ったりする時間が多いですね。
    ただ”今”は子供に対する負の感情が大きいのですが”過去”を思い出すと可愛いという感情が大きいです。
    しかしかつて子供だった自分が存在するだけで両親の満足度を下げていたと思うと残念です。

    返信削除
  11. 自分が大好きで、自分のためだけにめいいっぱい時間を使いたい人は、作らないということなのだと思います。子供ができて幸せになれないなんて思うこと自体がありえないと思えるほど、子供の存在って素晴らしいことだと思います。

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS