Loading...

上位2.5%の大金持ちに共通する4つの精神的な特徴とは?

Money

 

お金持ちになりやすい性格ってあるの?

昔から「お金持ちってどんな人なの?」って定番の疑問がありまして、心理学や経済学の世界でも研究が進められております。

 

 

で、いまのところ最も「金を儲ける可能性が高い」と言われるのが、「誠実性」や「グリット」といった性質を持った人たち。すごーくざっくり言えば、欲に流されずにマジメでコツコツやれる人ほど成功しやすいって話です。わかりやすいですね。

 

 



誠実さ以外に大事な要素

といっても、当然ながら「誠実性」だけですべてが決まるはずはありませんで、ほかにも大事ないろいろな要素が提唱されております。たとえば、

 

 

▼統制の所在

自分の経験を「内側」と「外側」のどちらでとらえるか。

 

 

たとえば「テストの成績が良かった!」場合、内側の人は「オレが頑張ったからだ!」と考え、外側の人は「先生の教え方が上手かったからだ!」と考えがち。逆に「テストの成績が悪かった…」場合、内側の人は「努力が足りなかった…」と考え、外側の人は「先生の教え方が下手だかったからだ!」と考える。

 

 

要するに、何かが起きたときに「自分のせいだ」と思うか「他人のせいだ」と思うかの違いっすね。

 

 

▼マネースクリプト

人間が無意識に抱いているお金への価値観を分類したもの。具体的には以下の4つです。

 

  • 金銭忌避:「金は汚い!」「つつましく暮らすべき!」みたいな考え方。いわゆる「嫌儲」ですな。
  • 金銭ステータス:「金こそが人間の地位を表わすのだ!」「貧乏人はなまけ者だ!」みたいな考え方。
  • 金銭崇拝:「金があれば自由になれる!」「もっと金があれば幸せになれる!」みたいな考え方。お金教とでも言いますか。
  • 金銭警戒:「金は使うよりも貯めるもの!」「お金は万が一のトラブルに備えるためのもの!」みたいな考え方。私なんかはこれに近いです。

 

どの考え方が良いとか悪いってのはないですが、金銭警戒をのぞく3つは、行き過ぎると家計の破綻につながるケースも多いんで注意であります。

 

 

▼子供時代の経済状況

これはわかりやすいですね。子供のころに金持ちだった人ほど教育レベルが高くなり、金融への知識も増えていくので、自然と金持ちになりやすいんじゃないかって説です。

 

 

上位2.5%の金持ちを調査した

さて、やたら前置きが長くなりましたが、ここからが本題。以上の話をひっくるめたうえで、「金持ちってどういう人なの?」を徹底的に調べた論文(1)が近ごろ出たんですよ。

 

 

これは金融心理学で有名なブラッド・クロンツ博士によるもの。日本だと「お金で不幸にならない11のカルテ」で有名な先生ですね。

 

 

このなかで、博士はアメリカで年収が上位2.5%に入る人たちを選び、351人に心理テストとアンケートを行ったんですね。参加者の年収は、だいたい平均で2300万円ぐらいだったそうな。

  

 

上位2.5%に共通する性格とは?

そのうえでデータを回帰分析したところ、上位2.5%の人たちに特有のキャラ傾向が浮かび上がったんですな。ざっくり言いますと、

 

  • 金銭崇拝ほど金持ち:もっとも金持ちにつながるマネースクリプトは「金銭崇拝」だったそうな。マネースクリプト診断テストの数字がひとつ上がるごとに、金持ちグループに入る確率は5.9%アップ。逆に、「金銭忌避」の数字がひとつ上がるごとに、金持ちグループに入る確率は8.6%下がるとのこと。

 

  • 他人の無心を断れない人ほど金持ち:友人や親からの借金の依頼を断れない人ほど、金持ちグループに入っている傾向があった。ただし、これは他人に金を与えるから金持ちになるんじゃなくて、たんに金持ちな人は気前がよくなるだけだろう、とのこと。

 

  • 「自分のせい!」と感じる人ほど金持ち:統制の所在については、内側タイプのほうが金持ちな傾向があったみたい。失敗を他人のせいにしないんで、悪いとこが改善されていくんでしょうな。ただし、マネースクリプトにくらべると、金持ちへの影響力は弱め。

 

  • 教育レベルが高い人ほど金持ち:これは予想どおりで、大卒で金融の知識があればあるほど金持ちな傾向があったとか。それはそうでしょうな。

 

 みたいな感じ。要するに、

 

  • 基本マジメな性格で、失敗を他人のせいにせず、お金が大好きで、知識が豊富な人ほど金持ちになる!

 

 ってとこでしょうか。これを見ると、私がイマイチ儲かってないのは、マネースクリプトのせいのような気がしてきました(笑)

 

 

まとめ

研究者いわく、

 

人間のパーソナリティには、その人物の未来を予測する力がある。その意味では、認知行動療法などでお金に対する価値観や態度、行動を変えていけば、より本来のゴールに近づけるかもしれない。

 

もしあなたが悪いマネースクリプトを持っていたとしても、過去の研究では、お金への信念が変えられることがわかっている。

 

とのこと。必ずしも金銭崇拝が幸せに結びつくわけじゃないですが、目標の妨げになっている場合は修正したほうがよさげです。ちなみに、この論文には「マネースクリプトを変える方法」の参照文献もついてたんで、これから読んでみようかと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。