Loading...

少しの酒でも、毎日飲み続ければ脳が縮む!…かも

Wine
 飲酒量と脳のサイズをくらべた
酒で脳が縮む!」ってデータ(1)が、オックスフォード大から出ておりました。


これはホワイト・ホールⅡ研究(1985年からイギリスで行われている健康調査)から、550人分のデータを分析したもの。「週にどれだけ酒を飲んでるか?」を30年にわたってチェックしたうえで、全員の脳サイズや認知機能がどうなったかをくらべたわけです。



飲酒の量を4グループに分類
酒の量は4種類に分類されてまして、

  • 節制グループ:酒量が週に1ユニット以下
  • 軽飲グループ:酒量が週に1〜7ユニット
  • 適度グループ:酒量が女性は週に14ユニット以下、男性は週に21ユニット以下
  • 危険グループ:酒量が女性は週に14ユニット以上、男性は週に21ユニット以上

みたいな感じ。1ユニットは10mlのアルコールを意味していて、ビールだと240ml、ワインだと175mlグラスに半分ぐらいの量になります。


少しでも飲酒量が増えると脳は縮む?
で、このデータと全員の認知テスト&脳スキャンの結果をくらべたところ、

  • 女性は週6.4ユニット、男性は週11.5ユニットまでならまあ安全
  • ただし、節制グループにくらべると、少しでも酒量が増えるごとに脳が縮む確率は高まる
  • 週の酒量が30ユニットを超えると、海馬が縮む確率は5倍になる(=記憶力が衰える)
  • 適度グループでも、海馬が縮む確率は3倍になる(ただし女性は安全性が高い)

って結果だったそうな。基本的には、男性ならビールのロング缶を週に5〜6本ぐらい飲んでもほぼ問題はないものの、ほとんど酒を飲まない人にくらべちゃうと、脳がダメージを受ける確率は高くなるみたい。そうだったのか…。


酒で言葉の機能が下がる可能性も
さらに脳機能の面では、酒を飲むと言語能力が下がる可能性も指摘されてまして、

  • 週に7〜14ユニットの酒で言語流暢性(言葉をスムーズに操る能力)が14%低下
    • 週に14〜21ユニットの酒で17%低下

みたいな感じ。ライターにとってはツラい結果が出てますねー。


まとめ
もちろん、これは観察研究なので、いろいろと数字にブレが出てる可能性は大。といっても、この手の調査を実験室で行うわけにはいかないんで、いまんとこ「酒と脳ダメージ」について考えるにはベストのデータでしょう。


私は完全に酒を止めて3年になりますけど、それより前は浴びるようにワインを飲んでましたんで、かなり脳が縮んだのかもしれませんなぁ。いまさら悔いてもしかたないので、縮んだなりに頑張っていこうかと思いますが。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。