search

【質問】お金をかけないで美肌になるにはどうすればいいですか?



  

こんなご質問をいただきました。

 

この前「意味がない美容」について書かれていましたが、お金の節約になって助かりました。ほかにも、お金をかけずに美容を実践するために心がけることはありますか?

 

ってことで、お金をかけずに美肌を手に入れるにはどうすればいいのか、というご質問です。まー、もともとも私は「日々の美容には金をかけてはいけない!」って考え方の持ち主でして、男性も女性も経済的に負担にならない方法で肌の手入れをし続けるべきだと思っております。

 

 

なので、「不老長寿メソッド」でも、基本的に激安な保湿剤とか洗顔料しか取り上げてないわけです。低予算で的確な肌のメンテナンスができない理由って別にないもんですから。

 

 

もちろん、ニキビや湿疹みたいに特別な治療を必要とする悩みはありますし、肌のタルミなどはさすがに日々のメンテだけではいかんともしがたい問題もありますが、基本的には必要最低限のもので済ませることができるはずであります。

 

 

そんなわけで、お金をかけない美容にかんするベースの考え方としては、

 

 

を押さえておけば特に問題はなし。そのうえで、

 

  • 禁煙&酒を控える
  • 十分な栄養を満たす

 

ってあたりが超基本になるでしょう。いずれもお金をかけずに改善できますんで、ぜひやっていただきたいところです。

 

 

でもって、以上をふまえたうえで、さらに見逃されがちなディテールを紹介しておくと、以下のようになります。

 

 

 

1. なるべく仰向けで寝る

毎晩たっぷり寝るのと同じぐらい大事なのが、寝るときの姿勢であります。枕に顔を押しつけながら眠ると、睡眠線(要するにシワ)が刻まれてしまうのでNG。それと同時に、枕と肌の摩擦はニキビを誘発する可能性があるのでご注意ください。この問題を防ぐためにも、仰向けで寝るのがベストであります。

 

 

2. 洗顔の前に手を洗う

洗顔はスキンケアの重要なルーチンのひとつですが、洗顔の前にさっと手を洗っておくだけで、バクテリアやオイル、汚れ、その他の化学物質が顔面に移動してします可能性を低くすることができます。これを怠ると、敏感肌やニキビの悪化率が高まるかもなのでご注意ください。

 

というか、手は定期的に正しく洗うにこしたことはなく、ドアノブやキーボード、携帯電話に触れた後に顔を触るたびに細菌を肌に広げている可能性があり、そのせいで吹き出物やその他の肌トラブルの原因になったりしますんで。

 

 

3. 寝具を頻繁に洗う

枕、枕カバー、シーツを最低でも週に1回は洗うのも美肌の基本。これらの寝具には、皮膚細胞、動物の毛、ふけ、真菌カビ、真菌胞子、身体分泌物、バクテリア、ほこり、糸くず、繊維、微粒子、虫の部品、花粉、土、砂、化粧品といった多くの物質が集まってるもんで。そのため、寝具を頻繁に洗濯しないと、蓄積された異物を就寝中に吸込むことになり、喘息やアレルギー、ニキビに拍車をかけちゃうんですよね。

 

個人的には、シーツや枕カバーをつねに2つ持っておいて、毎週ぐらいのペースで交換しておくのが良いかとおもっております。頻繁に吹き出物ができる人は、毎晩でも枕カバーを交換したほうがいいかもしれません。

 

 

4. メイク道具も毎日洗う

上記と同じ視点ですが。古いメイクが蓄積しないように、ブラシやらスポンジも毎日洗っておくのが基本。特にメイクブラシは、毎日何度も使うことで、毛に汚れや細菌がたまっていきますし、ブラシが物理的に硬くちゃうと肌のバリア機能を壊しかねず、そのせいで炎症を引き起こすバクテリアなど、肌が嫌がるものを取り込んじゃうケースがあるんですよ。

 

また、枕を定期的に洗うのと同じように、洗面所で使うタオルも常に清潔で新しいものを使い、汚れが残らないようにしときましょう。もし、もうちょいお金をかけてもいいのであれば、洗顔のたびに新しいタオルを使えるように、安いタオルのパック購入しておくのも手です。

 

 

5. 冷たい水ですすぐ

洗顔はぬるいお湯を使うのが基本ですが、その最後に冷たい水ですすぐのも、お金を使わずに効果を得られる手法であります。最後に冷たい水で顔をすすぐことで肌が落ち着くし、冷水で肌の血行が良くなってイキイキした印象になるし、炎症も鎮まるしで、なかなかよろしいんですよ。

 

ただ、くれぐれも冷水だけでは洗顔しないでくださいませ。顔を洗う際はぬるま湯を使っておかないと、肌に蓄積した油分や汚れが取り除けないことがありますんで。あくまで洗顔料を使う際はぬるま湯を使い。最後に冷たい水で洗い流すのがおすすめであります。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

ABOUT

自分の写真
1976年生まれ。サイエンスジャーナリストをたしなんでおります。主な著作は「最高の体調」「科学的な適職」「不老長寿メソッド」「無(最高の状態)」など。「パレオチャンネル」(https://ch.nicovideo.jp/paleo)「パレオな商品開発室」(http://cores-ec.site/paleo/)もやってます。さらに詳しいプロフィールは、以下のリンクからどうぞ。