Loading...

アメリカで流行中の「フレキシブルダイエット」初級実践講座


近ごろアメリカで「フレキシブルダイエット」なる新手のダイエット法が流行してるんだそうで。また怪しいダイエットかと思って調べてみたら、意外と使えそうな手法だったのでご紹介。


フレキシブルダイエットってなに?

「フレキシブルダイエット」は別名「多量栄養素ダイエット」 とも呼ばれる手法であります。コトバンクによりますと「多量栄養素」とは、

微量栄養素に対していう.糖,タンパク質,脂肪,ナトリウム,カリウム,リン,カルシウム,塩素,マグネシウム,鉄など.

といった感じ。「フレキシブルダイエット」で重要なのは、炭水化物(糖)、タンパク質、脂肪の3種類のみ。


そんなわけで、「フレキシブルダイエット」を一言で表現すると


1日に必要な、炭水化物(糖)・タンパク質・脂肪の量だけに気を配るダイエット


となります。ビタミンとかミネラルのような微量栄養素は、とりあえず棚上げしちゃってOKなわけですね。


例えば、1日に2,000Kcalの食事を摂る場合、

  1. 炭水化物500グラム+=2,000kcal
  2. タンパク質200グラム+炭水化物120グラム+脂肪80グラム=2,000kcal

だと、どっちも結果は2,000kcalですが、1日に炭水化物を500グラムも摂ってる方が太りやすいのは明らかですよね。この割合を、目的に応じて変えていくダイエット法なわけですな。



フレキシブルダイエットってどうやって実践するの?
で、具体的なフレキシブルダイエットの方法ですが、以下のサイトで1日の必要な栄養素を割り出すのがよさげ。


Flexible Dieting






ページの中ほどに計算機がありますんで、まずはここで年齢(AGE)、身長(HEIGHT)、体重(WEIGHT)を入力。


次に週の運動量を選択。上から、ほとんど運動しない(Sedentary)|週1〜2回(Lightly active)|週3〜4回(Moderately active)|週5回以上(Very active)


続いてダイエット目標の選択。左から、減量|現状維持|筋肉量アップになっております。


最後に運動の強度を選択。左から、ウォーキング程度の軽い運動ジョギングなどの中程度の運動筋トレや有酸素運動などのハードな運動になっております。


で、私の結果はこんな感じ。減量を目的に設定したところ、1日の摂取カロリーを1723kcalにおさえて、タンパク質92グラム、炭水化物231グラム、脂肪48グラムを取れ!との指示が出ました。



ちなみに、厚労省のガイドラインだと1日に必要な三大栄養素は、1700kcalあたりタンパク質52グラム・炭水化物292グラム・脂肪48グラムなので、結果的にタンパク質を増やして炭水化物を減らす、ローカーボダイエットと似た感じになってますね。



まとめ:フレキシブルダイエットはやせるのか?
結論から言えば、ちゃんと実行できれば効果はあると思います。要は全体の摂取カロリーと炭水化物を減らしてタンパク質を増やそうね!ってだけの話なんで。その点では、パレオダイエットや低糖質ダイエットにも似ております。


ただしパレオダイエットと大きく違うのが、「設定の数字を超えない限りはケーキでもジュースでも何でも食べてOK!」と言ってるところ。砂糖もパンも許されないパレオダイエッターにとっては、受け入れられないポイントであります。


もっとも、減量を始めたばかりで甘い物の誘惑に勝てないような方には、はじめの一歩としてはアリかなー、とも思います。その意味では、ハードなパレオダイエットや低糖質ダイエットに進むための、とっかかりとしてオススメ(笑)


ちなみに、食事ごとの栄養素を把握するには、「あすけんダイエット」が良い感じ。

ダイエットアプリの大本命「あすけんダイエット」が良い! | パレオな男


こんな風に、おおまかな栄養素の摂取量を出してくれます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。