Loading...

胃腸が弱ったときに食べるべき「パレオダイエット」メニュー

Stew

 

弱った胃腸にはBRAT食が定番ですが…

お腹の不調は万病のもと!」って話を何度か書いてますけが、胃腸を壊したときに海外でよく使われるのが「BRAT食」って方法であります。

 

 

BRATは、バナナ、ライス、リンゴ、トーストの頭文字を取った単語で、この4つの食材だけをひたすら食べ続けるというもの。お腹からくる下痢や吐き気のほか、風邪を引いたときなんかにも最適だと言われてるんですな。

 

 

なんでBRATの4種類が効くのかと言いますと、

 

  • 脂肪分が少ない:脂肪は消化がおそいので、胃腸に負担をかけやすい
  • 不溶性食物繊維が少ない:不溶性の食物繊維は腸壁に傷をつけることがあるので、お腹の調子が悪いときはNG
  • 味が薄い:食欲がなくなっても食べやすい
  • ペクチンが入っている:水溶性食物繊維の一種。リーキーガットをやわらげる効果がある
  • 電解質の補給ができる:下痢にともなうミネラルの減少を補う

 

といった要素を満たしているから。とにかく消化がよくて、腸への負担が少ない食品が選ばれてるわけですね。このガイドラインは、とてもよくできてるのではないかと。

 



パレオ式のBRAT食

とはいえ、4つの食品だけで暮らすのはさすがに無理。なにせタンパク質がほとんどとれないんで、長く続けるには問題の多い方法ではあります。あくまで一時的な解決策として使うならいいんですが。

 

 

また、パレオダイエットではライスとトーストをあまり推奨してないんで、そのあたりも困っちゃうところです。BRAT食は胃腸のケアにはすばらしいものの、どうにも栄養がかたよっちゃうのが難点なんですよね。

 

 

というわけで、お腹を壊したり風邪を引いたときは、BRAT食のいいとこは残しつつ、栄養もちゃんととれる養生食をとるのが大事。具体的には以下のメニューがおすすめ。

 

  • ココナッツウォーター:病気のときは、まずは水分と電解質の補給がポイント。そこで最適なのがココナッツウォーターであります。天然のゲータレードと言われるぐらい電解質が豊富なんで、病気時の水分補給には最適。ただし市販のココナッツウォーターは砂糖が多いんで、いい商品が手に入らなければ、少量の塩と溶かした水にレモンをしぼってもいいかも。
  • ボーンブロス:いわゆる鶏ガラ&豚骨スープ。アミノ酸にリーキーガットの修復効果があるので、胃腸が弱ったときの食事としては最強。というか、病気のときじゃなくても定期的に飲むべき。
  • プランテン(調理用バナナ):黄色いバナナよりも栄養価が高く、ビタミンAや亜鉛、マグネシウム、カリウムが豊富。そのわりに消化がやたらいいんで、病気中には最適と言えましょう。
  • スクランブルエッグ:ややお腹の調子がもどってきたら、スクランブルエッグを取り入れてみると吉。敏感になった胃腸にやさしく、
  • じゃがいも/サツマイモ:イモ類の優秀さについては何度も書いてきたとおり。どちらも栄養価が高くて消化がよいので、療養中のカロリー補給には最適でありましょう。マッシュポテトにすると、さらに胃腸への負担が減っていい感じです。

 

というわけで、パレオダイエット的にも優秀で、なおかつ胃腸にやさしいメニューのご紹介でした。上記のメニューは、体が弱ってないときでもかなり体に良いので、積極的に食べていきたいところです。どうぞよしなに。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。