Loading...

週に30時間より多く働くと頭が悪くなるぞ!と言われてもねぇ…

Overwork

  

週に30時間より多く働くと頭が悪くなるぞ!」ってなおもしろい調査(1)が出ておりました。

 

 

これは慶応大とメルボルン大の共同研究で、オーストラリアの男性3,000名、女性3,500名を対象にしたもの。みんなの年齢は40〜70才ぐらいで、まずは全員の普段の仕事ぶりを調べたうえで、認知や記憶力のテストを行ったらしい。

 

 

その結果わかったのは、

 

  • 40才を過ぎたあとで週に30時間より多く働いていると、認知機能にネガティブな影響が出る
  • 女性の場合は、平均で週に22〜27時間の労働がベスト
  • 男性の場合は、平均で週に25〜30時間の労働がベスト
  • 労働時間が週に50〜60時間より多いと、まったく働いていない人と同じぐらい認知機能が下がる

みたいな感じ。だいたい上の時間より多く働くと、激しい疲れとストレスが一気に悪化していく傾向があったうえに、認知機能にダメージが残る可能性もあがったみたい。怖い話ですなぁ。

 



研究者いわく、

 

この研究では3つの認知テストを行ったが、いずれも週に25〜30時間の労働時間のとき、認知機能がマックスになった。

 

この数字より労働時間が多くても、労働時間が少なくても、同じぐらい頭は悪くなる。働きすぎは疲労とストレスを引き起こすため、認知起動が下がるのだろう。

 

つまり、いかにカラダと頭をリフレッシュするかが、脳を最適化するためのコツなのだろう。

 

とのこと(2)。働きすぎても働かなさすぎても、ストレスで頭は悪くなってしまうんだ、と。

 

 

ただし、この現象が起きるのはあくまで40代を過ぎてからで、20〜30代にはなんの問題もないとのこと。どうも若者は脳のリカバリーシステムが衰えてないんで、オッサンにくらべてダメージからの復帰が早いらしい。うらやましいですなぁ。

 

 

にしても、労働時間が週に30時間以内ですむ人なんて、ほとんどいないんじゃないでしょうか。わたしも週に50〜60時間は普通に働いてますんで、かなり認知はおとろえてるのかもしれんですな。

 

 

もっとも、仕事に対してストレスを感じるかどうかは個人の解釈しだいってとこがあるんで、いちがいに時間の長短だけでは判断できなさそうではあります。いきなり労働時間を短くできる人は少ないでしょうから、ひとまずマインドフルネスに作業をこなして、ストレスと自分を切り離していくのがいいかもですな。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. これは在宅勤務にも言えることなんでしょうか?

    自分のペースで働くとオフィス勤務よりはストレスは掛からないと思いますが、どうなんでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. んー、在宅勤務についてはなんとも言えませんねー。おっしゃるとおり、近年は在宅勤務がいいってデータが多いので、ストレスは少なそうですが。

      削除
  2. suzukiさんの場合このブログの更新も仕事の一部になってると思うので余計大変かなぁと。
    考察がしっかりとしたとても貴重なブログなのでこれからも続けて欲しいですが、体調だけは崩さないように・・・と書こうと思いましたが、私がこんな事書かなくても気をつけてますよね(笑)

    返信削除
    返信
    1. どうもお気遣いいただいてありがとうございます!こんなブログやってて体調を崩したらシャレになりませんので、がんばります(笑)

      削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS